マレーシアのグルメ、旨いもの

2015年03月22日

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

3日滞在を終え、インドネシアに向け帰路に着きます。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

KLセントラル駅まで車で送ってもらい、(初めて)KLIA Ekspresに乗って空港に向います。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

最高時速160kmの成田エクスプレスのような電車。でも、15〜20分間隔での運転なので、とても便利です。空港まで約30分。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

片道、約2500円ほど。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

利便性が高いからか、利用客は多いです。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

とても160kmで走るように見えない電車ですが、高速鉄道です。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

電車の中ではインターネットも無料で使うことができます。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

KLM航空のカウンターはJALと同じカウンターでした。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

これが午後4時20分発のKL809便。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

座席は最後部の「44F」にしました。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

来るときと同じような食事を想象していましたが、ジャカルタに戻る便はちょっと質素。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0809」便

袋の中は熱々なカレーパイでした。上手いけど、ちょっと寂しいね。

ジャカルタ・スカルノハッタ空港には午後5時半頃に到着しました。
マレーシア、久しぶりに行くと再発見が多くて好きな国の一つになりました。


kikusan1978 at 18:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

Pavilion Kuala Lumpur @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティンホテルの目の前にある(ジョージ・クルーニーの看板のあるモール)Pavilion Kuala Lumpur内あるマッサージ店。

Pavilion Kuala Lumpur @マレーシア・クアラルンプール

その名も「Oriental Reflexology」。

Pavilion Kuala Lumpur @マレーシア・クアラルンプール

店内は清潔でスタッフも真面目で良いマッサージ店でした。

Pavilion Kuala Lumpur @マレーシア・クアラルンプール

このPavilion KLの6階にはTOKYO STREETという日本食ばかり集めたレストランエリアがあるようです。これ、いいなー。

Pavilion Kuala Lumpur
住所:Kuala Lumpur, Selangor, malaysia 【Map
営業時間:10:00〜22:00



kikusan1978 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月21日

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティンホテル・クアラルンプールでの宿泊は21階のウェスティンスイートに宿泊します。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

21階のエレベータロビーです。21階から上の階は吹き抜けになっていて、クラブフロアになっているようです。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

これが21階一番奥にある部屋「2107」号室。
広さは75平米と、このフロアでは一番大きな部屋です。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

ダイニングルームには、6人が座れる大きなダイニングテーブル、大きなソファとビジネスデスクがあります。

↓コンセントは日本式の物にも対応↓
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール


ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

窓からは、421mと世界第4位の高さを誇るクアラ・ルンプール・タワーを見ることができます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

窓の下には再びジョージ・クルーニー。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

左は一つ目のトイレ、右の部屋は寝室です。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

寝室の先にバスルームがあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

窓は床から天井まで届く大きなものなので、ベッドからクアラルンプールの夜景を見ながら眠ることもできます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

バスルームにはトイレ、シャワールームと、窓に面した大理石のバスがあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

電動カーテンを開けるとこんな感じになります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

バスルームの窓の下はプール。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

すぐ隣のマリオットのプールも見えます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)客室編 @マレーシア・クアラルンプール

そして、リッツ・カールトンホテルの客室棟もすぐ隣。
ホテル密集地区です。

ウェスティン クアラルンプール
(THE WESTIN KUALA LUMPUR)
住所:199 Jalan Bukit Bintang KL, malaysia 【Map
TEL: (62)(361) 846 5555



kikusan1978 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

クアラルンプールでの二泊目はウェスティンホテル。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

前の日の滞在から、お隣に移動しただけ。この地区は、マリオット・リッツカールトン・ウェスティンがほぼ同じ敷地内にあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

正面玄関から入って、左右対象にそれぞれフロントがあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティンらしい、清潔感のあるデザインのロビーホールです。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

3階にエグゼクティブラウンジがあるので、こちらでチェックイン&チェックアウトすることができます。
通常は、一角だけがラウンジなのですが、このホテルは1フロア全てがラウンジになっていて、贅沢なホテルです。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ラウンジ内のフロント。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

この広さが両側にあるので、とても広いラウンジです。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

グループで語らえるスペースがあったり。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ビジネススペースがあったり。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

外にもテラス席があるので、東南アジアの気候を楽しみながら飲食することもできます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

セルフサービスのお酒を飲むもよし、(写真を撮り忘れてしまいましたが)バーカウンター席でバーテンダーと語らいながら飲むもよし。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ソフトドリンクコーナーもあります。引き出しの中にはちゃんと温められた食器類がスタンバイしています。

(ラウンジでの朝食)
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

6:00am〜11:00amは朝食が用意されます。
1階のレストランほどではありませんが、十分な品が揃っています。

(ラウンジでのアフタヌーンティー)
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

11:00am〜5:30pmはティータイムです。果物や軽めのデザートが用意されています。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

外のジョージ・クルーニーとのツーショット写真。

このラウンジではメニューが用意されているので、アラカルトで好きな時に食べたいものをオーダーして作ってもらうことができます。
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

マレーシアの代表的な料理、ガドガド(ピーナッツソースをかけたサラダ)の春巻き。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ちょっと想象と違いましたが、ラム肉。
少しだけフランクフルトの料理シュヴァインスハクセに似ています。

(ラウンジでのカクテルタイム)
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

5:30pm〜7:30pmはカクテルタイムタイムです。食事はつまみになる軽い物がメインで、多めのドリンク類が用意されています。

(ホテルのThe Living Roomでの朝食)
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ロビー横のリビングルームレストランでも朝食を食すことができます。ラウンジより騒がしいですが、こちらの方が品数は豊富です。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

カウンターエリアがドリンクのコーナーになっています。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

春巻きのような生地をスタッフが実演して作り、調理しています。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

和食も韓国の食事も豊富です。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

日本蕎麦や冷奴までありました。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

兎に角、品数は豊富。とても食べきれる量ではありません。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

こちらは卵料理をオーダーすると調理してくれるキッチン。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

こちらは中華料理をオーダーすると調理してくれるキッチン。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

そして、魅惑のエリアがあります。スイーツとブレッドがテーマの部屋。(イメージは食品店)

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

(お店のような雰囲気の)中に入ると、街のグロッサリーストアーのようなお洒落な雰囲気。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ショーケースの中に可愛らしい食べ物が並べられているので、店員さんにお願いして取り皿に入れてもらいます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

部屋の中央部分はシリアルのコーナー。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

フルーツのコーナーでは、希望に合わせてカットもしてくれますが、予めカットされたフルーツたちも並んでいます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

店員さんに依頼して、ワッフル・フレンチトースト・クレープ・パンケーキを作ってもらうこともできます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

バケットのエリア。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

こちらは菓子パンのエリアです。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

最近他のホテルでも見かけることが増えましたが、ハチミツは巣箱タイプ。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

確かに、ここの朝食はウワサ通り充実していて、感動しました。

(プールとフィットネスフロア)
ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

4階がプレイフロアになっています。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

カードキーを挿せばジムの扉が開きます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

また、一方にはバーがあり、スポーツ中継やプールを眺めながらお酒を楽しめます。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

ビリヤード台もあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

外にはプール。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

小グループで静かに過ごせるエリアもあります。

ウェスティン クアラルンプール(THE WESTIN KUALA LUMPUR)施設編 @マレーシア・クアラルンプール

夜のプールサイドの雰囲気も良さそうでした。

ウェスティン クアラルンプール
(THE WESTIN KUALA LUMPUR)
住所:199 Jalan Bukit Bintang KL, malaysia 【Map
TEL: (62)(361) 846 5555



kikusan1978 at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

KLイチの絶品バーガーが有るということで、マラッカでハンバーガーを食した直後でしたが、再びハンバーガーを食します。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

ウェスティンホテルのすぐ隣のホテル「ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール」。このホテル、マリオットホテルからは直結しています。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

生演奏を聴きながら大人な静けさを味わえる、ザ・ロビーラウンジ (THE LOBBY LOUNGE)に、本格バーガーがあります。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

たかがハンバーガーと思うなかれ!ちゃんとロゴの刺繍が入った綺麗なテーブルセットが用意されます。いつも通り、ケチャップで手をドロドロに汚しながら食すのが気が引ける・・・。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

テーブルに用意される調味料は、瓶入りのケチャップ・チリソース・マヨネーズの3種類。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

じっくり焼き上がるまで待つこと約40分。焼き加減はミディアムをチョイス。和牛パテの上にはトリュフのスライスと焼きナスが乗っています。バンズに塗られているマヨネーズもトリュフマヨネーズです。バンズは焼き立てでアツアツ&サクサク。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

通常、名の通ったレストランや高級店のハンバーガーは余計な食材や作業が加わり美味しさをアピールしていますが、逆にこれが逆効果となる場合もあります。ここのハンバーガーは全てにおいて、邪魔な要素が含まれていません。丁寧な仕事っぷりが伝わってきます。

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

サクサクの大きめのバンズが、全ての具を包み込んで肉汁が溢れ出ても全て吸収してくれます。いやぁ、これは最高級に旨いハンバーガーです。(約5400円/個)

めでたく、菊さんが勝手に選ぶ東南アジアの旨いハンバーガーランキングに、ランキング入りです。
・PS.Cafe ※シンガポール
・Fatboy's The Burger Bar ※シンガポール
・Carl's Jr. ※チェーン店
・The Lobby Lounge ※クアラルンプール
(2015/03/21現在の上位店:順不同)

リッツカールトンの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

デザートは濃厚ガトーショコラにしました。大人な空間なので、味も大人。ハンバーガーを食した後でも、ペロット食せてしまいます。

(余談ですが)ハンバーガーを食した後の手洗い場も実は重要。
リッツカールトンThe Ritz-Carltonの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

リッツカールトンThe Ritz-Carltonの「ザ・ロビーラウンジ」で絶品和牛バーガーを食す! @マレーシア・クアラルンプール

食後の手洗い場も充実。トイレもこんなに重厚で清潔でした。

ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール
「ザ・ロビーラウンジ(The Lobby Lounge)」
住所:168, Jalan Imbi, Kuala Lumpur, Malaysia 【Map
電話:(603) 2142 8000



kikusan1978 at 23:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

もともと菊さんの大好物の海南鶏飯。ほぼ毎週シンガポールに行っていますが、どれだけ食しても未だに飽きていませんし、それどころか益々好きになっています。

その(シンガポールと同じ)チキンライスがマラッカでも名物グルメと聞き、マラッカチキンライス(?)を食してみました。

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

いくつかあるお店の中から選んだのは「古城鶏飯粒」。お店が最も立派だったので、ここに決めました。しかも、創業100年以上とのことで、歴史も感じられます。

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

シンガポールと同様で、蒸し鶏とロースト鶏と別々に用意されています。

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

お店中央は天井から光が降り注ぎ、中国映画の舞台のような雰囲気。マラッカがユネスコの世界遺産に2008年に登録されたことを記念した石碑を見ながら食します。

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

マラッカではチキンライスボールが有名とのことですが、やっぱり王道の蒸し鶏にしました。シンガポールでは何十軒と食していますが、このプルプルな鶏肉はシンガポールのNo1の名店に並ぶ旨さ。あっという間に食してしまいました。(これで500円ほど)

マラッカチキンライスの名店「古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)」 @マレーシア・マラッカ

デザートはマラッカ名物のアイスチェンドル。マラッカ名産の砂糖を使い、日本人も好む程よい甘さのかき氷です。この鉄の器が味わい深いですよね。
緑色の細長いゼリーがアイスチェンドルの名前の由来となっている「チェンドル」。これは緑豆と米の粉に、天然の植物から煮出した緑色のエキスを混ぜてつくるそうです。普段、東南アジアのスイーツは完食しないのですが、これは完食しました!オススメのスイーツです。

古城鶏飯粒店(ファモサ チキンライスボール)
住所:28-30 Jalan Hang Kasturi, Malacca 【Map
電話:06 286 0121



kikusan1978 at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

これを読んだ方で、もしマラッカに行く機会があれば是非立ち寄って欲しいカフェがあります。

お店の名前は、ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)。
竹のバンブーかと思ったら、バブーン(ヒヒ・狒狒)のことでした。確かに、建物の外壁な内装のところどころにヒヒをあしらったデザインが使われています。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

実はこのお店にたどり着くまでに何度か迷いました。
そして、期待通りの雰囲気の良いお店だったので、よし中に入ろう!と思うも、格子の扉が開きません。超人気店な上に、席数に限りがあるので、お客さんが一組帰ったら扉を開けて新規の一組が中に入れるという営業スタイルにしているようです。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

お店のコンセプトはアートと自然の融合。その為、至る所にアート作品が多く飾られていますが、それよりも森の中に迷い込んだ感覚が強烈でした。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

建物の中央部分が中庭になっており、そして、天井から日が差し込むので、なんとも心地良い空間に仕上がっています。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

蒸し暑いマラッカにおいて、(植物のあるせいか)涼しさと風通しの良さ、それに静けさを兼ね備えた空間でした。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

フード・ドリンクは全てホームメイド。
ギンギンに冷えたレモングラスティーを頂きました。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

まずは2番人気の「バブーングリーンサラダ」。たっぷりの野菜にトースト、ベーコン、フライが混ざっています。これならバテ気味な時も食欲が出ます。

まるで森の中のカフェ「ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)」 @マレーシア・マラッカ

そして、1番人気の「アロマチーズバーガー」。気持ち小ぶりですが、十分な立体感があります。ほとんどのお客さんがこれを食しています。ソースはデミグラスソースのような味なので、パンチはきいていませんが、この静かな空間で穏やかな気分でゆっくり食すには最適な味付けなのかも。

ザ・バブーン・ハウス(The Baboon House)
住所:89 Jalan Tun Tan Cheng Lock, Malacca 【Map
営業:11:00〜19:00(金から日まで深夜2時まで)※火曜休



kikusan1978 at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

車とドライバーをリクエストし、今回は2008年に世界遺産に登録されたマラッカを観光してみます。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

マラッカ(Malacca - Melaka) は、クアラルンプールから南東約130kmの位置にあり、有名なマラッカ海峡に接する古都です。ポルトガル、オランダ、イギリス、日本に占領された歴史があります。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

KLから高速道路を利用しても、マラッカまで約3時間かかります。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

ヨーロッパ諸国に占領されていた街なので、色鮮やかな街です。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

スタダイス広場の噴水。これはエリザベス女王の来マラッカを記念して建てられたもの。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

セントポール教会です。教会の前にはフランシスコ・ザビエルの大理石像があります。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

蒸し暑いマラッカにおいて、この教会は風通しの良い丘の上にあるので、朽ちた教会の幻想的な雰囲気と重なって、なんだかラピュタの一場面のようでした。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

貴重だと思われる古い石版などが雨ざらしで大丈夫なのでしょうかね。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

オランダが統治していた雰囲気を残す運河。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

こちらもオランダっぽい。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

ここが様々なお店が両側に建ち並ぶ(マラッカ名物)目抜き通り。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

この通りには、有名な海南鶏飯のお店が2つありますが、お店はいつも大混雑。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

なんか瓶入りのお洒落なカクテルフルーツジュースを見つけたので飲んでみました。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

選んだフレーバーはアップル+グァバ。暑い中の散策で乾いた喉を潤します。すっきりしたジュースです。(約120円)

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

それにしても、さすが世界遺産の街。様々な様式の建物が建ち並び、裏通りを歩いても見応えあります。

クアラルンプールからマラッカ(Melaka)へ

お洒落なポテトチップスの移動式販売店。真似して、実家の愛媛で道後温泉バージョンやろうかな、坊っちゃんの夏目漱石に扮して。
ということで、(気が向いたら)ご当地ポテトチップスを開発できる方、募集致します。


kikusan1978 at 21:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

空港とKLの中心部のほぼ中間ほどに整備中の行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」に行ってみました。現在はまだ政府機関しか無く、そこで働く職員とその家族しか住んでいない地区です。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

プトラジャヤに向かう橋。四国の瀬戸大橋にも似ています。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

財務省。やっぱりお金を扱う機関は立派です。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

中心部の建物。(何を管轄する行政機関のビルか分かりません)

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

西洋風の橋。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

観光名所、ピンクモスク。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

意図的にトルコのブルーモスクと異なる色を選んだのでしょうか。

行政新首都「プトラジャヤ(Putrajaya)」 @マレーシア

内部もピンク色で綺麗でした。


kikusan1978 at 19:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

クアラルンプール初日は、既に彼女が滞在していたJWマリオットホテルに宿泊です。翌日は隣のウェスティンに移動します。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

ロビーはクラシック調のゴージャスな雰囲気。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

左奥がフロント、右がエレベータホールです。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

部屋は「2633」号室でした。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

部屋のサイズは40平米ほど。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

部屋に入ってすぐ左手に洗面、バス、シャワー、トイレの部屋があります。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

リビングにはキングサイズのベッドとビジネスデスク、ソファーのみのシンプルな部屋。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

窓の真下にはプールがあります。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

朝食はコンチネンタルブレックファーストとフルーツ盛をお願いしました。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(JW Marriott Hotel Kuala Lumpur) @マレーシア・クアラルンプール

(ホテルの玄関)ジョージクルーニーの広告がこっちを向いてます。

JW Marriott Hotel Kuala Lumpur
(JWマリオット・ホテル・クアラルンプール)
住所:183 Jalan Bukit Bintang Kuala Lumpur, 55100【Map
TEL: +60 3-2715 9000



kikusan1978 at 17:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

約6年ぶりのクアラルンプールです。
19時25分発の便なので、17時にオフィスを出ても間に合うだろうと思っていましたが、渋滞に巻き込まれ搭乗開始時刻になっても、まだ空港に到着できていませんでした。乗れたことが奇跡。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

ジャカルタからクアラルンプールまで、信頼できる航空会社に限定するとKLMとLufthansaが就航しています。今回はKLMオランダ航空を利用します。この便はクアラルンプールを経由してアムステルダムに向かう便。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

B777-200型の機体でクアラルンプールに向かいます。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

クアラルンプールまでは僅か1時間30分の飛行。ちなみに、シンガポールまでは1時間15分。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

座席はほぼ最後尾の「43D」。僅かな飛行時間なのに、機内食はしっかりです。焼き立てパンに、チキンライスにサラダ、チョコレートケーキまで出てきます。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

23時頃、無事にクアラルンプールに到着し、シャトルで入国審査場に移動します。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

先入りしていた彼女が車で迎えに来てくれました。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

車で高速を走ること約30分、KLのシンボルであるペトロナス・ツインタワーが見えてきました。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

いやぁ、なぜか(インドネシアと同じで)マレーシアに華やかなイメージを持てない菊さんですが、このきらびやかなタワーを見ると華やかだなと感じさせられます。
この周辺には日本人を騙そうとする悪い人たちが多いので、観光の際には気を付けてくださいね。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

前回宿泊したマンダリンオリエンタルホテル。

2回目のクアラルンプール--KLMオランダ航空「KL0810」便

マンダリンオリエンタルの隣のビルに「Marini's on 57」という高層階のバーに行くことを楽しみにしていたのですが、入り口のスタッフのマナーの悪さに呆れ、結局行くことを断念。いやぁ、いろんな意味でホント残念。


kikusan1978 at 02:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年06月06日

マンダリン オリエンタル クアラルンプール

クアラルンプールでの滞在は、空港から約70Kmの位置にあるマンダリン オリエンタル クアラルンプールです。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

ホテルは30階建てのヨーロピアンタイプで、部屋数は643室。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

さすがマンダリンということで、多くの賞を獲得しています。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

名前の通り、"オリエンタル"な雰囲気が漂うホテルです。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

マンダリン・オリエンタルホテルのシンボルである大きな"扇"がエレベータホールに飾られていました。この"扇"はホテルのイメージである高級感とエレガンスと癒しを表していて、11枚の羽根は各ホテルを束ねるという意味でシンボルになっているそうです。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

客室階に向かうエレベーターホールです。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール(MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR )

エレベーターはクラシック調でした。

〜つづく〜

マンダリン オリエンタル クアラルンプール
MANDARIN ORIENTAL KUALA LUMPUR
住所:KUALA LUMPUR CITY CENTREKUALA LUMPUR 50088, MALAYSIA
TEL:03-23808888
FAX:03-23808833



kikusan1978 at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

クアラルンプール国際空港からホテルまでの移動

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

「森の中の空港、空港の中の森」というコンセプトで、日本の黒川紀章氏が設計した空港だけあって、まるでジャングルの中に居る感じがします。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

今回は、空港からホテルまではベンツで送迎してもらいます。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

クアラルンプールの高速道路は整備されていて、ちゃんとETCまで設置されています。快適快適!

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

日本の高速道路より広く綺麗な印象がします。また、多湿の環境のせいか、空気も澄み切っていて綺麗に感じました。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

空港から高速道路を走ること約40分、マレーシアの顔とも言えるペトロナス・ツインタワーが近づいてきました。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

そして、ツインタワーを通過後すぐ、宿泊するホテルに到着です。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

今回宿泊するホテルは、ツインタワーのすぐ隣に位置する"マンダリンオリエンタル クアラルンプール"です。


kikusan1978 at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

1回目のクアラルンプール--日本航空「JL723」便

GWの4日間を利用して、マレーシアのクアラルンプールに行ってきました。菊さんにとってマレーシアは初めて訪れる国です。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

成田空港を11:30に出発する日本航空のJL723便を利用します。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

離陸して約2時間後、機内食が運ばれます。この日はカボチャのパスタ。マレーシアまでは7時間20分の長い空の旅です。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

クアラルンプール到着の約1時間前にはコロッケパンの軽食が出されました。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

予定より約30分遅れの18時20分、クアラルンプール国際空港に到着しました。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

クアラルンプール国際空港は植物が多く、とても綺麗なターミナルです。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

到着ロビーまで、この乗り物で移動します。

マレーシア クアラルンプールの旅 - JAL723便

クアラルンプール国際空港は世界で2番目に大きく、成田空港の10倍の規模があるということで、そりゃ〜巨大なハズだ・・・


kikusan1978 at 19:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
過去の記事はこちらから