シンガポールのグルメ、旨いもの

2015年09月08日

ジャカルタで二度目の誕生日、37歳を迎えました。

37回目の誕生日を迎えました。

昨年に続き、今年もジャカルタで社員達に誕生日を祝ってもらいました。皆、ありがとうー!

慣れてきたようで、まだまだ慣れないジャカルタ。。。
でも、会社の景気は上向きなので楽しくやってますよ。

ジャカルタで二度目の誕生日、37歳を迎えました。

来年の今頃には、20人体制のオフィスにしたいなーと思いつつ。

今年も温かいメッセージをありがとうございました!
また一年頑張ります!


kikusan1978 at 16:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年05月24日

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

シンガポールに本場の豚丼屋さんができました。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

彼女から5月18日に馴染みのリャンコートに本場帯広の豚丼屋がオープンしたと知らされたので、オープン後初めての週末に早速食してきました。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

店舗の場所はリャンコートの中央吹き抜け2階部分の踊り場。オープン間もないので、大量のお祝いの花が届いていました。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

入り口では席待ちの間、日本人スタッフによって丁寧に一枚一枚焼かれる豚肉を見ることができます。シンガポールの豚肉は臭くて食べれたものじゃないので、どうしてるのか店長さんに聞くと、今はUSから輸入してるとのこと。そりゃそうなりますよね。。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

店内、日本人ばかりかと思ったら、逆に日本人が少ない感じ。昼前は空いていましたが、48席ある座席も昼ごろには満席状態でした。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

メニューは豚丼の他に、コロッケやつまみ系もあります。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

東南アジアではお茶さえも200〜300円取られることが一般的ですが、このお店は麦茶が無料なのが嬉しいです。豚丼の大盛りを注文してみました。豚肉の量も、小(80g)・普通(160g)・大(240g)と分かりやすく増えていきます。

「豚丼のぶたはげ」で帯広名物の豚丼を食す! @シンガポール・リャンコート

焼き上がりを待つこと約15分ほど。アツアツの豚丼が運ばれてきました。肉厚でもちもちした豚肉が醤油タレとよく合います。お米は北海道から輸入しているとのこと、味噌汁も日本人が味見しているだけあって日本の味そのもの。あっという間に完食してしまいました。この味とサイズなら大盛り2杯はいけるね。

豚丼のぶたはげ(シンガポール店)
住所:177 River Valley Rd, Liang Court (Level2) 【Map
座席数:48
予算:約1,500円程度



kikusan1978 at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月30日

シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍首相の政府専用機

シンガポール滞在は今年に入って7度目ですが、今回は3月23日に亡くなったリー・クアンユー元首相の国葬の日と重なりました。

シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍首相の政府専用機

国中が喪に服し、走る車にもシンガポールの「建国の父」の死を惜しむステッカーが貼られています。チャンギのディスプレイも全てリー・クアンユーに関するもの。

シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍首相の政府専用機

ターミナル内のテレビも国葬の中継となっており、シンガポール市民は皆が見守っていました。中には映像を見て泣き出す男性まで。どれほど国民に愛され、感謝されていたか知ることができました。

シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍首相の政府専用機

チャンギ空港には予備の政府専用機と合わせ2機が駐機していました。日本の安倍首相も滞在5時間の弾丸で参列してくれました。日本人として、首相のこの行動は誇らしく嬉しいです。

シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍首相の政府専用機

国葬中は大雨が降り続いていたシンガポールですが、国葬が終わる頃には雨も上がり良い天気になっていました。この直後、安倍首相も日本に向け帰国されたようです。

菊さんは安倍総理より少し先にジャカルタに向け出発しました。


kikusan1978 at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年12月23日

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

マニラ3日目はシンガポールを経由してジャカルタに戻るのみ。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

朝、ホテルに迎えにきてもらいニノイ アキノ空港、国際線第一ターミナルに向かいます。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ジャカルタよりマシですが、マニラの渋滞も激しいです。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

東南アジアでよく見かける乗り合いタクシー。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ジャカルタと違って、アスファルトの舗装が綺麗で先進国並み。ジャカルタは道路が荒廃してるので、揺れも大きく車乗っていても心地悪いです。マニラはいいな〜。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

約40分ほど走り、ニノイ アキノ空港の国際線第一ターミナルに到着しました。このターミナルはJALも就航していますが、危険なターミナルです。空港の係員も皆仲間でボッタクリタクシーに日本人を乗せて10倍くらい料金を取る手口です。くれぐれも注意してください。予約しておいたタクシーに乗るほうが賢いです。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

10時40分発シンガポール行きのジェットスター3K762便に乗ります。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

続いて、空港利用税550ペソ(約1500円)を支払います。クレジットカードも利用できました。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

こんな感じで支払い証明書を航空券に貼ってもらいます。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

古くてボロいターミナルですが、少しだけ免税店とお土産屋さんがありました。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

日本航空のラウンジもあるみたいです。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ジェットスター便ですが、ラウンジを利用して出発までの時間を過ごします。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ラウンジでWifiを使うことができます。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ドリンクコーナー。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

軽食コーナー。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ラウンジから外を見ていると、9時55分発の成田行きのJAL746便が出発していきました。異国の地で日本の航空会社を見るとほっとします。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

この3K762便でシンガポールに戻ります。飛行時間は3時間40分。機内に入ったら、偶然にもイギリス人の知り合いのが乗っていてびっくりしました。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

マニラともお別れです。ジャカルタより良い街でした。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

そして、定刻通り雨のチャンギ空港に到着。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ジャカルタに向かうエールフランスの出発まで約3時間、トランジットカウンターでチケットを発券してもらい、ラウンジで仕事して出発を待ちます。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

17時50分発のエールフランスAF254便。スカイチーム特別塗装機でした。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

座席はビジネスクラス「11E」。4週連続でこの便に乗っているので、ここまでくるとホッとします。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

ウェルカムドリンクサービスの後の新聞サービス。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

機内食はこの半年間ずっと変わらず、ホタテとサーモンのパスタ。美味しいけど、ちょっと食べ飽きてきたぞ。。。

初めてのマニラ〜AF254・3K762〜

18時半、無事にジャカルタに到着しました。スカルノハッタ空港内、いつの間にか、菊さんの会社のメインバンクのSMBCの広告だらけになっていました。


kikusan1978 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年12月21日

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

マニラの有力者に招待してもらい、人生で初めてフィリピンのマニラに行きました。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

マニラまで、ジャカルタから直行便では不便だったのでシンガポール経由にしました。まずは、いつものエールフランス259便でジャカルタからシンガポールに向かいます。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

シンガポールで一泊し、翌早朝のジェットスター便でマニラに向かいます。早朝はスカイビューラウンジで朝食を食せるということだったので、初めて利用してみました。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

いつも、このラウンジの1階部分のラウンジを利用していましたが、スカイビューラウンジがこんなに充実したラウンジだとは知りませんでした。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

食べ物も十分揃っています。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

ドリンクやフルーツも豊富。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

ワイン類も朝から準備されています。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

そして、早朝6時20分発の3K761便で、チャンギ空港からマニラ・ニノイ アキノ空港まで向かいます。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

機内ではこの健康診断カードと入国審査カードを記載します。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

約3時間40分の飛行の後、マニラに到着しました。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

治安の悪さを心配してマニラに降り立ちましたが、そんな不安な菊さんをサポートすべく、まだ入国手続きもしていない飛行機を出た直後の場所から迎えの人を同行させてくれました。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

この男性が迎えの車まで誘導してくれます。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

これが迎えに来てくれた車。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

マニラのイメージは発展途上という感じでしたが、立派なビル群もあり都会ですね。少し誤解していました。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

車で走ること約30分ほど、中心部にあるラッフルズホテルに到着しました。入り口の守衛さんは大きなライフルを持ち、警備は厳重です。

初めてのマニラ〜AF259・3K761〜

今回は、シンガポールのラッフルズホテルが経営するマニラのラッフルズホテルに2泊します。


kikusan1978 at 03:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月11日

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

やっと予約ができた、特別なレストラン。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

シンガポールのチャイナタウンの近くにある、「レストラン アンドレ」。この小さな一軒家が世界中の美食家の憧れる場所です。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

玄関に入るとソファーがあり、そこで少し待たされます。アンドレシェフの書籍が置いてあり、待っている時間も退屈しません。1日30人限定のこのレストラン、時間指定は不要です。営業時間内なら、行きたい時間に行けば良いそうです。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

いよいよ奥へ通されます。そしてこの後、玄関で少し待たされた理由を知ることとなるのですが、この先にキッチンがありその扉が開くとアンドレシェフを筆頭に総勢約20名の料理人達が出迎えてくれます。そして、アンドレシェフと握手し、「ベストを尽くして最高の料理を作りますよ!」と嬉しい言葉をかけてくれました。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

今回は3階の「アンドレシェフの図書館」という名前の付いた部屋で食します。本当の家に招かれたような錯覚。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

もちろん、ミシュランレストランです。シンガポールでは、以前、アンドレシェフが働いていたレストランと、このレストランのみミシュランの認定を獲得しています。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

2010年にオープンして以来、世界のベストレストランTop50には毎年必ず選ばれ、また、ニューヨークタイムズ紙の「この店で食べる為だけに飛行機に乗っても良い、世界10のレストラン」に選ばれるほどの名店。実際、この日もそのような美食家が一人で食している姿を目撃しました。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

テーブルの横には羊の置き物がありますが、実はこれが荷物置き。遊び心ある演出に驚かされます。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

本当に本に囲まれて食す、図書館での食事。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

ランプも、いちいちお洒落です。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

メニューはなく、メニューのようなものがあります。料理名は記載されてなく、”Pure”、”Salt”、”Artisan”、”South”など、Octaphilosophyといわれる8つのテーマに沿った料理が出されます。その日の食材を見て、テーマに沿った料理をアンドレシェフが考えて出しているとのこと。 これは奥が深いレストランです!

ここからアミューズが5品。
世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

まずは(右から)木の枝にひっかかっている葉っぱ(ホタテや野菜を紙っぺらにしたもの)のようなものと、中央のものは全て玉ねぎから作った丸いもの。そして、左にある切り株の上に乗っているのは鶏の皮をパリパリに焼いてマッシュルームソースをのせたもの。味はもちろんですが、盛りつけ方の斬新さにも目が点になりました。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いてはオリーブパウダーの上にドライパイナップルをのせたもの。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

そして、”秋の収穫祭”さながらの、フィッシュアンドチップスとミニ芋。ガーリックチョコレートが土を表現しています。この土部分も食すことができます。

そして、ここから8品の料理がスタートです。
世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

まずは、”シンプル”がテーマということで、ほぼ手を加えてない素材をシンプルに味わう一品。カブの薄い皮に包まれたカニとオニオン、それに、凍らせた梨のパウダー。ここにコンソメスープを少しかけただけですが、十分に素材の味を感じることができました。
ちなみに、この日のシャンパンは1杯/約5,000円。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いては、”塩”がテーマの料理。まるでケーキのような見た目です。ピンセットで丁寧にエノキや海ブドウやキャビアなどが淡いグリーンのムースの上に埋め込まれています。周囲には海水の泡とシーレタス。塩分を感じる料理でした。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

自家製の焼き立てサワーブレッドとバターも申し分ありません。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いては、京茄子、キャビア、北海道産ウニを使った比較的あっさりした料理。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いては”南”がテーマの料理。南仏ではフルーツの味覚を料理に加えるということで、ピンク色の泡はブラッドオレンジのソースです。中央はアジのタタキで、花びらのようにニンジンの薄いスライスがかけられています。お皿を彩る黄色いソースはパンプキン。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いて、炭とイカのトマトソース。本物の炭が出され、えっ!と思いますが、この炭の中に食べられる炭のようなものが2本あり、それを見つけ出してイカと共に食して下さいと言われます。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

ここから見つけ出すんです。間違ったら炭を食べてしまうことになるので緊張します。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

これ、ただのオシボリですが、このお店なら(炭のように)本来は食さない食べ物を出してきても不思議じゃないので、一瞬ためらいます。これはオシボリです。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

こちらは”ユニーク”というテーマ。菊イモにジンジャーアイスをかけて食すものです。日本の煮物のような風味ですが、そこにジンジャーソースをアイスにしてかけるという斬新さ。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いて、”メモリー”というテーマ。フォアグラの上に、熱々のトリュフのソースがかかっていて、トリュフの濃厚な香りとフォアグラの旨味が絶妙です。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

そして、最後はメインディッシュ。この日はウサギ肉でした。まるでウサギが野原で遊んでいるような雰囲気の盛り付け。残酷や・・・。でも、旨い!

料理はここまでで終了、ここからデザートに入ります。
世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

”お口直し”のチーズを使ったデザート。白い粉はチーズのアイスクリームです。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

続いて、”プレデザート”。緑の円はマスカットの輪切りです。中央のマスカットのムースをマスカットの薄切りで囲んでいます。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

そして、やっとデザートまで辿り着きました。”スニッカーズ”のチョコバーの成分を調べ、アンドレシェフがそのまま再現したそうです。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

そして、食後のコーヒーとお茶菓子。このお茶菓子だけでも十分な量です。シンガポールということで、カヤジャムのマカロンや、チュロス、奥に見える盆栽のようなものは本物の苔の上に葡萄のアイスクリームが置かれている摩訶不思議なもの。

ここまで食せば既にお腹は満腹。味覚だけではなく、視覚や遊び心をふんだんに使った料理の数々に驚かされました。アンドレ・チャンシェフは料理を作りながら毎日「どうやってお客を驚かせようか」とワクワクしているんだろうなと想象してしまいました。

世界中から食通が集う隠れ家フレンチ「Andre(アンドレ)」 @シンガポール・チャイナタウン

気さくなアンドレ・チャンシェフでした。

Restaurant Andre(レストラン アンドレ)
住所:41 Bukit Pasoh Road, Singapore 089855【Map
TEL:+65 6534 8880
座席数:30
カード利用:利用可
営業時間:ディナー 19:00〜23:00
定休日:月曜、祝日
予算:約40,000円から/人



kikusan1978 at 19:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月10日

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

フィリピン人の友人に誘ってもらい、初めてガーデンバイザベイ内のレストラン「SuperTree by IndoChine」に行ってみました。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

深夜になるとブルーライトに照らされた人口の木々が神秘的です。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

一番中央部分にあるツリーは50mの最上階部分がレストランとバーになっています。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

「SuperTree by IndoChine」というレストランで、IndoChine系列のレストランです。入り口では予約していることを確認されます。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

エレベータは1〜3までしかボタンがありませんが、16階の高さに相当する3つ目のボタンが最上階。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

エレベータを降りるとバーカウンターが窓側に配置されています。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

マリーナベイサンズを見た方向。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

今回はソファー席の予約でした。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

メニューはベトナム、ラオス、カンボジア料理をメインしたフュージョン料理。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

ジャカルタであまり食べることのできない豚料理をしっかり頂きました。奢ってもらったので、写真取れませんでした。。。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

もう1フロア階段で上がると、

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

屋上バーになっています。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

手すりが低いので酔っ払って落ちる人が出ないか心配ですが、開放感満点。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

植物園の方向。

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

スーパーツリーの最上階のレストラン・バー「SuperTree by IndoChine」 @シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

天気の良い週末はクラブ&バーになります。

スーパーツリー・バイ・インドシン
住所:18 Marina Gardens Drive, Singapore【Map
TEL: +65-6694-8489



kikusan1978 at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月09日

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

海を見ながら開放的に過ごす昼間も良いですが、ライトアップした夜のプールも素敵です。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

リビングから真っ青なプールを見るのも癒やされます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

インドネシアコーヒーを飲んだり。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

監視員も居ないのでいくらでも飛び込み可。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)夜編 @インドネシア・ビンタン島

自分の家のように過ごせる一角を手に入れたようで、最高〜!

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)
住所:Jalan Teluk Berembang
Laguna Bintan, Lagoi,Bintan Island【Map
TEL: +62-770-693100



kikusan1978 at 17:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

400平米の広い部屋なので、ゆっくり紹介します。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

まず玄関を入ると目の前にはオープンなリビングエリアがあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

中央部分にテーブルとその横にソファーがあるので、団欒してもよし、食事してもよし。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

すぐ横にはプライベートプールがあるので、すぐに泳ぐことができます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

プールはまるで先の海に繋がっているような錯覚になります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

リビングエリアの左右にはそれぞれベッド館があり、一方にはキッチン部屋が付いています。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

必要な調理器具は全て揃っています。食器まであるので、長期滞在にも適した部屋です。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

キッチンと逆の館にはテーブルスペースがあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

プールから玄関の方向を見たところ。プールの水はかけ流しになっているので、葉っぱやゴミが一つも浮いていません。

bt02

開放的な部屋からは大きなベッドが見えます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

ベッドルームのすぐ隣にはジャグジー風呂。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

ジャグジー風呂と逆側にはテーブルセットが。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

この部屋から動きたくなくなる環境です。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

プライベートプールにしては大きく、深さも1.4mなので、しっかりと泳ぐことができます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

大自然の中にあるので、食材を狙ったリスも出てきます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

扉の無い大自然なリビングなので、夜になると天井に丸々太ったコウモリがやってきます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

海側の眺望。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

インドネシアらしい守り神もあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室編 @インドネシア・ビンタン島

遠くには海の上に浮かぶ家も見ることができました。

兎に角穏やかな海です。一日ボーっと眺めていたい海でした。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)
住所:Jalan Teluk Berembang
Laguna Bintan, Lagoi,Bintan Island【Map
TEL: +62-770-693100



kikusan1978 at 16:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

部屋の中の写真です。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

ベッドにはさりげなく手紙。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

インドネシアは蚊もいるので、ベッドは蚊帳になっています。でも、それが豪華に見えるから不思議。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

窓を開けてベッドの上から外を眺めるもよし。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

反対側の建物のベッドです。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

枕元のリモコンのカバーもお洒落。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

CD聴くのもよし。テレビにはDVDもあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

フールーツボールやお菓子も置いてあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

室内には、ベッドルームの他、ビジネスデスク、更衣スペース、それに、洗面台とトイレシャワールームがあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

扉を開けた先には、室外のシャワーもあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

もう一つの建物の方の洗面ルーム。ここにもシャワールームとトイレがあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

室内のシャワールームのアメニティ。全て高級なバンヤンツリースパのもの。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

洗面台のアメニティ。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

こちらの先には、室外のお風呂があります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

プールに便利なサンダルも完備。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

インドネシア伝統柄のガウン。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

部屋の中のアロマは日替わりです。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

金庫も完備。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

こんな大自然の中ですが、しっかりWifiも使えます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)客室内編 @インドネシア・ビンタン島

このログイン画面でログインすれば高速インターネットが利用できます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)
住所:Jalan Teluk Berembang
Laguna Bintan, Lagoi,Bintan Island【Map
TEL: +62-770-693100



kikusan1978 at 13:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤンツリービンタンの玄関です。リゾートということで、開放感があります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

フロント・ロビーです。大きなタッチパネル式の館内案内ディスプレイが2台あります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

フロントに名前を告げてチェックインしてもらっている間、この空間でまったりしながら待ちます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

冷たいおしぼりとウェルカムジュースでおもてなし。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

ロビーから部屋まではゴルフ場にあるようなカートで送り迎えしてもらいます。この施設内、どこに行く時も電話一本でこの車が送迎してくれます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

カートに乗ってロビーを離れ。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

ジャングルの中をどんどん進んでいきます。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

バンヤン ツリー ビンタンでの宿泊は1室しか無い400平米のサンクチュアリー プール・ヴィラを予約しました。(一泊約14万円)

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

高台の一番奥にある部屋なので、部屋の前でカートがUターンできるようになっています。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

部屋番号は「401」号室。部屋に名付けられた名前はElang Siput。インドネシア語でイーグル カタツムリ。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

この道も401号室専用。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

部屋に到着。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

部屋の扉の左に表札のようなプレートがありますが、このプレートで掃除のお願いや、部屋に入らないでという意思表示をします。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

扉の先には短い橋がかかっていて、その先にリビングエリア・プールエリア・海の眺め と続いています。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

部屋の内側から部屋の門を見たところ。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

ちゃんと鍵もあります。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)施設編 @インドネシア・ビンタン島

これがサンクチュアリー プール・ヴィラの図。
中央部分にリビングエリアとプールがあり、それを囲むように2つのベッドルーム館が建っています。
ジャグジー風呂✕1、シャワー✕3、トイレ✕2、野外風呂✕1
キッチン館✕1 も完備。

バンヤン ツリー ビンタン (BANYAN TREE BINTAN)
住所:Jalan Teluk Berembang
Laguna Bintan, Lagoi,Bintan Island【Map
TEL: +62-770-693100



kikusan1978 at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

ビンタン島には、チャンギ空港近くのタラメラ・フェリーターミナルから高速フェリーが毎日運行されています。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

日本人の観光客も多いのか、日本語での案内も書かれています。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

ターミナルは綺麗ですが、セブンイレブンや小さな売店しかありません。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

そして、出国手続きの直前に小さなレストランがひとつあるのみ。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

船に乗る前に、ここで腹ごしらえ。好物のラクサとチキンライス。(場所も場所なので、もちろん旨い訳がないですが)

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

実はチャーハンが一番旨かった・・・。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

シンガポールを出国して、船に乗る待合室。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

このジェットフェリーでビンタン島まで約75分です。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

船内は意外と満席です。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

ビンタン島のフェリーターミナルに到着後、インドネシアに再入国です。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

300人くらい乗れるフェリーなので、大混雑。
面倒なことに、15USドルのVISAを買って入国です。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

今回はバンヤンツリーに滞在するので、ターミナル到着後はバンヤンツリー専用の待合室で車を待ちます。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

ターミナルを出ると、インドネシアの象徴ガルーダの像がありました。ここから車で送迎してもらいます。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

車で走ること約20分、バンヤンツリーの入り口が見えてきました。

タラメラ・フェリーターミナからビンタン島へ向かう「ビンタンリゾートフェリー」

ロビーに到着すると、お迎えがやってきます。


kikusan1978 at 11:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月08日

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

今回は、シンガポール経由でインドネシア領のリゾートアイランド、ビンタン島 (Pulau Bintan)に行ってみます。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

今後も頻繁にお世話になるAF259便。ジャカルタのスカルノハッタ空港を19:30に出発する便です。チェックインの際、エールフランスのカウンターで国際線の空港税15万ルピア(約1500円)を支払うと納税シールがチケットの裏に貼られます↓こんな感じ。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

奥のラウンジはJALのファーストラウンジ。今回はビジネスクラスなので、左手前のエールフランスのラウンジを利用します。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

広々としていて、コンセントやWifiも十分揃っています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

料理はこちらの方が豊富です。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

上級会員とプレミアムエコノミー座席以上に乗る人は優先搭乗が可能です。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

このエールフランス機でシンガポールに向かいます。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

座席は「4A」の窓側席。平日なのでガラガラ。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

フルフラットになるシートなので広々。その上、隣の席も使うことができました。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

1時間ほどの飛行ですが、ハンガー・スリッパ・大きな枕がセットされています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

手元にはエビアンのミネラルウォーター。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

電動リクライニングです。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

足元には電源も搭載されています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

ビジネスクラスのアメニティポーチはエールフランスの柄がイメージされています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

ポーチの中には機内の乾燥を防ぐグッズなどが満載。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

まずはウェルカムシャンパンと新聞のサービス。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

機内食のメインはラビオリのパスタ。やはりエールフランスの西洋料理は旨いです。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

チャンギ空港には、定刻の22時頃に到着しました。


kikusan1978 at 16:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年09月08日

シンガポールとジャカルタで36歳を迎えました。

今年から日本を離れ、異国の地で仕事をしております。そして
この日、2つの地で半日ずつ36回目の誕生日を迎えました。
Facebook等でも温かい誕生日メッセージを、どうもありがとうございました。

シンガポールとジャカルタで36歳を迎えました。

会社のスタッフには手作りのケーキやプレゼントをもらったりと、祝ってもらいました。

シンガポールとジャカルタで36歳を迎えました。

ジャカルタのスタッフたち。

今年は勝負の年。日本と東南アジアの架け橋になるべく、そして、自分自身も一回り大きな人間になれるよう努力していく所存であります。今の自分があるのは、周囲のみなさまの支えがあってこそ。
このことを日本を離れて改めて実感しています。
引き続き宜しくお願いいたします。
kikusan1978 at 23:30|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2014年08月03日

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

生活の拠点はシンガポールに残したまま、8月から仕事の拠点をジャカルタに移します。ジャカルタへの移動はエールフランス便を利用します。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

先日乗ったばかりのシンガポールからパリへ飛ぶ便の空いた時間を利用した路線なので、長距離用B777−300の大型機です。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

搭乗前の手荷物検査の段階から優先レーンが設置されています。この先も優先レーンの人から搭乗できる分け方は素敵です。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

今回の座席はファーストクラス(エールフランスでは、ラ・プルミエールと呼ぶそうです)の「2L」です。進行方向に向かって右窓側。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

この機種には8席のラ・プルミエールがあるようです。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

カーペットの色はエールフランスのコーポレートカラーのひとつ、赤色が用いられていました。その他は木目調の暖色。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

夜はベッドにするのでしょうが、広い足元のボックスは手荷物入れになります。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

左肘部分に椅子を動かすボタン類が。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

右肘部分にはテーブルが隠されています。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

テレビは引っ張り出すタイプ。この機材は少し古いですが、2014年9月からは新ファーストクラスが就航するようです。新ファーストクラスは僅か4席、その時はまた乗りたいものです。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

テレビを引っ張りだすとこんな感じになります。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

ヘッドフォンとBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンです。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

ウェルカムシャンパンが配られます。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

チャンギ空港で日本航空とANAの共演、、、日本の航空会社が恋しくなってくる今日このごろです。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

チャンギ空港を離陸し、南方に飛行します。遠くにマリーナベイ地区が見えます。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

機内食は大きなエビの前菜と、メインは白身魚のムニエル。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

食後のデザートはパート・ド・フリュイでした。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

トイレのアメニティもしっかり揃っています。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

シンガポールからジャカルタへの飛行ルートです。

3回目のジャカルタ--エールフランス「AF254」便のファーストクラス、ラ・プルミエール

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港には定刻通り夕方6時頃に到着しました。さぁ、この地で仕事開始です!

SB01

ホテルまでは安全なシルバーバードタクシーでベンツ移動します。

SB02

もちろん、社内は水が飲めてWifiインターネットも利用できる快適さ。

SB04

空港から市内に移動し、住むマンションが決まるまでの約2週間はこのホテル暮らしです。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

ジャカルタでの滞在はいつもル メリディアン。今回で三度目の滞在です。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

手前がリビング、奥がベッドルームのスイートルームです。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

ホテルで生活する為、部屋の中は着替えだらけ。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

恋しい日本の新聞が読めるのも、このホテルの嬉しいところ。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

メリディアンでは珍しく、このホテルのラウンジは豪華です。朝食、アフタヌーンティー、夕食を利用することができます。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル

卵料理もオーダー可能です。

ル メリディアン ジャカルタ(LE MERIDIEN JAKARTA)ホテル
住所:Jl. Jend. Sudirman Kav 18-20, Jakarta Pusat, DKI Jakarta 10220【Map
TEL: +62 21 2513131



kikusan1978 at 04:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年07月16日

シンガポールで日本の家電を使えるようにしてみた。

日本人なら、どうしても美味しいお米を海外でも食したいと思うもの。そこで、変圧器と炊飯器を日本から買って行きました。

シンガポールで日本の家電を使えるようにしてみた。

電圧を下げる機器を取り付けることで、問題なく炊くことができました!

ちなみに、電圧と周波数はシンガポールが電圧(220-240V)・周波数(50Hz)、日本は電圧(100V)・周波数(50-60Hz)です。以前、日本から持ってきたプラグを差し込んだら、差し込んだ瞬間にブレーカーが作動してしまいました。変圧器は炊飯器より高価ですが、こりゃ便利。


kikusan1978 at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

シンガポールに引っ越しました。
今後はシンガポールとその周辺国を中心に動きます。

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

乗り慣れたJAL35便。羽田空港を深夜0時5分に出発します。

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

座席は最後部でしたが、最後列には2名しか乗っていなかったので、中央座席3席を貸し切ります。

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

シンガポール・チャンギ空港には約20分早い5時45分に到着しました。

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

日本から100キロを超える荷物を持ち込みました。無料でこれだけ運べるのもJALだからこそ。助かります。

37回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

家の近くのマンションの窓にはシンガポール国旗がずらっと飾られていました。

どうやら来月の建国49周年を祝うナショナル・デーに向けたお祭りムードが既に始まっているようです。
この一体感を見ると、シンガポールが「明るい北朝鮮」と言われる理由が分かる気がします。


kikusan1978 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年04月19日

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

セントーサの奥地にあるビーチクラブ「Tanjong Beach Club」に到着です。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

ビーチクラブの目の前は白い砂浜と青い海。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

そんな海から近い場所にTanjong Beach Clubがあります。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

海とレストランの位置関係は、
(海)→砂浜→ビーチソファ&ベッド→プール→(レストラン)の順。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

外は暑いので、室内で食事することにしました。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

メニューです。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

やっぱり海を見ながらのモヒート。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

ウィークエンダーフライアップ(約3000円)を注文してみました。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

フライアップと言うだけあって、揚げ物も絶品な味!最高のロケーションで最高の朝食でした。

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

こちらはブルーベリーパンケーキ(約2000円)

タンジョンビーチクラブ(Tanjong Beach Club) @シンガポール・セントーサ島

一日中、ぼーっとして居たい場所でした。

Tanjong Beach Club(タンジョンビーチクラブ)
住所:120 Tanjong Beach Walk, Sentosa Island, Singapore 098942
電話:(65)6270 1355
定休:月曜
営業時間:ランチ:PM12:00-PM2:30、ディナー:PM7:00-PM10:00
バー:AM11:00-翌AM12:00(休前日はAM2:00まで)



kikusan1978 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

セントーサにビーチレストランがあると聞き、セントーサ島に行ってみました。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

ネットで調べると、こんなに美しい建物。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

大きな複合ショッピングセンター「VIVO CITY」を通過してケーブルカー乗り場に向かいます。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

これがケーブルカー「The Jewel Box」。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

7月以降はシンガポールに半居住するので、年間パスを作ることにしました。1年間、乗り放題です。値段は4会くらい乗ったら元が取れるほどの安さ。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

こんな風に、すぐにカードを作ってくれます。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

「The Jewel Card」っていうんですね。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

ケーブルカー乗り場に向かうエレベーター。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

セントーサー側と、その逆のマウントフェーバー側のどちらにも向かうことができます。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

まずはセントーサ側。どんどん開発されて綺麗になっていきます。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

セントーサ島に渡ったら、島内移動バスに乗ります。

ケーブルカーの年間パス「The Jewel Card」 @シンガポール・セントーサ島

そして、目的地の「tanjong beach club」バス亭へ。


kikusan1978 at 13:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

今年6度目のシンガポール旅行。今回から、3月30日に新しくオープンした羽田空港国際線新ターミナルを利用します。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

搭乗口前の大画面のディスプレイでは、就航地の世界遺産が映し出されていました。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

JALのサクララウンジも新装オープン。ファーストクラスラウンジは夏頃のオープンだそうです。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

今回も深夜便のJAL35便でシンガポールに向かいます。新しい搭乗口から搭乗します。

チャンギ空港に到着後、宿泊場所ベイサンズに向かいました。
32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

今回も無料宿泊のオファーを貰っているので、無料での宿泊。
タワー2の47階の部屋を用意してくれました。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

部屋は「4759」号室。キングサイズのベッドです。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

このホテルでは珍しく、バスタブの有る部屋にしてくれました。

035-07

ネスプレッソも完備。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

今回もガーデンバイザベイ側でした。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

そして、夜はスカイプールへ。夜景を見ながら泳げるのは、夜でも水温の暖かいシンガポールの特権。

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

32回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

遂に、、、泳ぎながら飲む方法を考案しました!


kikusan1978 at 06:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
過去の記事はこちらから