静岡県のグルメ、旨いもの

2009年01月24日

「銀水荘」 での食事

夕飯は部屋で食します。「銀水荘」の食事は評判が良いそうなので、とても楽しみです!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

食前酒として、"ニューサマーオレンジのお酒"。すっきりして飲みやすいお酒です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

「前菜」です。あん肝大根ウマっ!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

静岡特産の"わさび"が1本用意されます。わざび好きな菊さんにとっては嬉しくて、最後の雑炊の時にもう1本もらいました。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

新鮮な「刺身の盛り合わせ」です。金目鯛もありますよ!伊豆に来たら"金目鯛"食べなきゃね!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

金目鯛入りの「お椀」です。金目鯛から良いダシが出てます!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

お餅入りの「茶碗蒸し」です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

「煮物」にも金目鯛が入っています。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

次は「蒸し鮑」です。海の幸満載の夕飯ですね!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

揚物です。内容は蟹長芋東寺巻、海老、南京、紅葉揚げ、四角豆です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

続いては熱々の「コーンクリーム煮」です。ここで何故か洋食。。。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

ただのコーンクリームスープかと思ったら、中に伊勢海老が入っていてビックリ!旅館で洋食(?)を食すなんて不思議な感じですが、これが「銀水荘自慢の一品」と言われるだけのことはあります!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の夕飯。

最後は"金目鯛焼きほぐし雑炊"です。これにもワサビを入れて楽しみます!一品一品の量は多くありませんが、種類が多くて伊豆の香りを堪能できる夕飯でした。

〜朝食〜
静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の朝食。

夕食同様、朝食も部屋で食します。愛媛と同じミカンの産地なので、デザートはミカンです。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の朝食。

朝からマグロを食します。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の朝食。

金目鯛の焼き物です。特産満載です!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」の朝食。

お味噌汁にアオサをたっぷり入れてくれました!髪に良さそう〜!伊豆を堪能できた部屋食でした!ご馳走様でした!

--静岡で見つけた変なもの--
杏仁ラムネというものを見つけました。中華風の見た目だったので、思わず買ってみましたが、杏仁とラムネは別々に味わうべきですね。菊さんの口には合いませんでした。。。
kikusan1978 at 21:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

静岡県・稲取温泉「銀水荘」

"焼津"でマグロを堪能した後は伊豆スカイラインを使って、宿泊する稲取温泉へ向かいます。
伊豆スカイラインから見た富士山はこちら

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

稲取温泉「銀水荘」はプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選において、総合部門で2位、サービス部門においては12年連続で1位を獲得している評価の高い旅館です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

ロビー階の外には太平洋を見ることができます。
旅館に到着すると、まずはフロント脇の"お茶処"で一人一人に抹茶をたてて振舞ってくれます。ウェルカムドリンクという扱いでしょう。お茶菓子はこちら

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

ロビーの中を流れる溝には大きな鯉が沢山泳いでいます。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

伊豆稲取温泉では、古くから雛壇の両脇に一対のつるし飾りを飾る風習があり、これを『雛のつるし飾り』と言うそうです。豪華ですね!

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

客室へ続く通路です。今回は6階の部屋に宿泊します。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

宿泊する「602(浄蓮の二)」という部屋です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

部屋は良い感じのオーシャンビューです。青い海が綺麗です。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

室内全体の写真です。食事は部屋で食すことができます。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

部屋に入ると、専任の女中さんがお茶を入れてくれます。

静岡県、東伊豆・西伊豆・稲取温泉「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれる「銀水荘」に泊まる。

石川県の加賀屋旅館のように、浴衣が二枚用意されています。また、睡眠時専用のベルト帯も用意され、気が利いています。

稲取温泉『銀水荘』
〒413-0411
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1624-1
TEL:0557-95-2211(代表)
FAX:0557-95-0163

kikusan1978 at 16:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

まぐろを食す!@静岡・焼津さかなセンター

焼津インター近くにある、「焼津さかなセンター」という市場のような場所に行ってみました。

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

まるで水産市場。正午が近づくと、どんどん人が増えてきます。

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

焼津といえば"まぐろ"!
ということで、「山水」というお寿司屋さんを選んでみました。

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

好きな寿司を握ってもらうこともできますが、丼や定食もあります。海鮮丼はこんなに盛り沢山!

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

これこれ、この「大トロ」が食べたくてわざわざ来ました!ウマッ!

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

これは"穴子丼"。関西圏の甘いタレ育ちの菊さんにとっては少し味が辛いかな・・・

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

これはトロ丼。

静岡県、焼津さかなセンターで新鮮なマグロを食す!

市場の中で気になったのがコレ。何かのお祝いに使うのでしょうか??しかし、不気味・・・

まぐろ「山水」
住所:静岡県焼津市八楠4-13-7 焼津さかなセンター内
TEL:054-629-3375

kikusan1978 at 12:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年08月23日

日本平ホテルの外庭

夜になり、雨が一瞬止みました。

静岡県・日本平ホテル











富士山は見えないものの、清水の夜景が綺麗に見えます!美しい!

静岡県・日本平ホテル





















雨が止んだ隙に、日本平ホテル自慢の1万5千坪の大庭園に繰り出してみました。奥に見えるのはホテル本館。ライトアップされた大木が神秘的です。

静岡県・日本平ホテル












偶然にも、プライベートで花火を打ち上げるグループと同じタイミングになりました。

静岡県・日本平ホテル












近くでタダ見!ラッキー!奥に見える花火は近くのサッカー場で"清水エスパルス"が勝利したお祝いみたいです。

静岡県・日本平ホテル





















こんなに近くで打ち上げ花火を見たのは初めてです。一瞬でしたが、雨が止んでくれて良かったです!

この大庭園内には、ドラマ「華麗なる一族」で出てきた池も存在します。暗闇で見てきましたが、カメラで撮影することはできませんでした。明るい時に見たかった・・・
kikusan1978 at 23:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

日本平ホテルでの夕食

日本平ホテルでのディナーは2階にあるレストラン「グルメン」です。「グルメン」って・・・変な名前。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












レストランの入り口です。クラシック調で落ち着いた雰囲気です。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












決して広いレストランではありませんが、お客さんも少なくて静か。気持ちよくディナーを食すことができます。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












ナルミ製の綺麗なブルーの食器でした。港町ならでは、海をイメージさせる柄のお皿でした。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












まずは"お通し"というか、、、前菜。名前は忘れちゃいました。。。なんだっけ。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食





















"ウニとキャビアのスプーンのせ&海の幸の盛り合わせ"です。ここで気付いたのですが、このレストランは一品一品の料理の量が多いです!嬉しいことですが。。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












ここで焼きたてのアツアツパンが出てきます。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












"フォアグラのソテー ニース風サラダ添え"です。大きなフォアグラが惜しげもなく出てきます。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












"イカと舌平目のフライ&イカスミライスのフライ"です。塩で味付けしただけのシンプルな調理方ですが、素材の味が引き立って旨いです。色も綺麗!

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












メインプレートの前に、"口直しのシャーベット"。上品な甘さで口の中がスッキリです。

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












メイン料理、"国産牛ロース肉のソテー マスタードバターソース"です。霜降りの良い牛肉で、肉汁がジュワ〜っと出てきます。久しぶりに旨いステーキを食すことができました!!

静岡県・日本平ホテル「グルメン」での夕食












デザートは"日本平特製クリーム ブリュレ ベリー飾り"。それに、コーヒーとお茶菓子です。このクリームブリュレ、サイズに驚かされます!

(味付けに少し荒さがありますが)全体的に、菊さんの好きな味でした。ここ、ちょっと気に入ったな〜!

日本平ホテル メインダイニング「グルメン」
朝 7:30〜10:00
昼 11:30〜14:30
夕 17:30〜21:30

kikusan1978 at 23:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

静岡「日本平ホテル」

あまりの悪天候で、満足に静岡観光もできないので、宿泊する「日本平ホテル」に向かうことにしました。やはり雨男、、、不運です。

このホテルは、ドラマ「華麗なる一族」の撮影が行われたホテルとしても有名で、ホテルの目の前の大庭園はなんと1万5千坪もあるそうです。

静岡県・日本平ホテル











外は大雨の為ホテルの外観は撮影し忘れてしまいましたが、フロントはこんな感じです。古いホテルですが、趣ある雰囲気。

静岡県・日本平ホテル












ロビーの一角には、ドラマ「華麗なる一族」の撮影風景や出演者のサインが展示されていました。

静岡県・日本平ホテル











ロビー横では喫茶スペースと、お土産屋さん。

静岡県・日本平ホテル
























この日宿泊したのは、このホテルで一番広くて絶景の見える"ロイヤルスイートルーム"。富士山の方角を向いたバルコニー付きの2つの窓が売りの部屋です。

静岡県・日本平ホテル











この部屋、あくまでもこのホテルでの"ロイヤルスイートルーム"で、いつも菊さんが上海で泊まるホテルの方が、よっぽど豪華に感じられました。窓の外に富士山の絶景が見えていたら、もしかすると豪華に感じられる部屋だったのかも。。。

静岡県・日本平ホテル
























奥のベッドルームです。

静岡県・日本平ホテル
























この部屋の中でも、最も印象的だったのはバスルーム。温泉とまではいきませんが、一段高くなったバスルームの床は木製で、その先には大きなバスタブがあります。この部屋なら外国の人が泊まっても喜ぶはずです!

静岡県・日本平ホテル











(肝心の)窓の外は濃霧で何も見えず・・・本来なら、こんなに綺麗な景色を見るはずだったのに。。。

〜〜おまけ(朝食)〜〜

静岡県・日本平ホテル












夜が明けて天気が良くなるどころか、悪化して"大雨洪水警報"は発令される始末。。。ホテルの別館にある和食レストランで朝食を頂きます。

静岡県・日本平ホテル












一つ一つは小さな料理ですが、料理の数が多いのでお腹いっぱいになってきます。地元の特産"しらす"や"桜えび"等も食すことができて良い朝食でした!

ただ、ここでも残念なのは、朝食のレストランから富士山の絶景を見れなかったこと・・・

日本平ホテル
〒424-8719 静岡県静岡市清水区馬走1500-2
Tel:054-335-1131
Fax:054-335-8955

kikusan1978 at 23:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

清水港「河岸の市」でマグロを食す!

日本平ホテルに行くという両親と共に、1泊2日で静岡旅行に出かけてきました。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でまぐろを食す!












新鮮なマグロを食そうと、ランチに立ち寄ったのは"地元の台所"と言われる清水港の「河岸の市(かしのいち)」魚市場。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












この市場内には約20の仲卸人がお店を出していて、厳選した新鮮な海産物を安価で購入したり食すことができます。なんでも、年間100万人以上が来場する市場だそうです。食事処前では大行列ができていて、期待度『大』です!

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












そんな数ある店の中から菊さんが選んだのは「まぐろや やす兵衛」。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












カウンター4席&テーブル約25席ほどの狭い店内です。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!





















今回、一番食したかった大トロの握りです。うまっ!
これを東京で食すと高いんだろ〜な。。。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












定食は"中トロ丼"を注文しました。(当たり前ですが)大トロほどではありませんが、十分満足できます!

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












「アワビの踊り焼き」です。湯気の立つ、焼きたて状態で運ばれてきます。身はとても柔らかくて旨っ!

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












これはオマケ写真「穴子丼定食」です。

静岡県・清水港「河岸の市(かしのいち)」でマグロを食す!












これもオマケ写真「上にぎり定食」です。

こんな料理が激安で食すことができます。これは、わざわざ静岡まで来る価値有りです!!

清水港「河岸の市(かしのいち)」
住所:〒424-0823 静岡市清水区島崎町149
電話:054-355-3575
FAX:054-355-3576
定休日:水曜休み
営業時間:10:00〜18:00

kikusan1978 at 20:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月18日

静岡県からお取り寄せ『まるごとのむ大豆』

須部商店の豆乳「まるごとのむ大豆」












おからを搾らず大豆を全て使用した豆乳取り寄せてみました。大豆を全て使っている為、通常の豆乳に比べて「食物繊維」は約10倍、「大豆イソフラボン」は約2倍、「大豆たんぱく質」は約1.5倍も含まれているそうです。国産大豆と南アルプスの天然地下水大豆を使い、材料にもこだわった逸品です。
お店の名は『須部商店』。創業明治10年の伝統のあるお豆腐屋さんです。

早速飲んでみると、「濃い〜!」の一言。味は豆腐そのものでした。
何かと混ぜて飲むと飲みやすいかもしれませんね!
そのままだとちょっと辛いかも。。。
kikusan1978 at 22:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年08月26日

手作りの汲み出し「杏仁豆腐」を食す!

杏仁豆腐「手作りの汲み出し杏仁豆腐」というデザートを近くのスーパーで見つけました!大の杏仁豆腐好きの菊さんは早速購入!
缶詰を開けてみると、杏仁豆腐にフルーツが混ざっていて手間無しです!少し食感は固めでゼリーといった感じ。とろっとし、杏仁風味の強いのを好む菊さんとしては少し残念・・・。



清水食品株式会社(SSK)
〒420-0859
静岡県静岡市葵区栄町1-3
鈴与静岡駅前ビル3階
TEL 054-221-8520
FAX 054-221-8531
kikusan1978 at 22:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
過去の記事はこちらから