四国・徳島県のグルメ、旨いもの

2013年09月30日

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

温泉旅館での楽しみが食事。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

珍しく、この旅館では部屋食ではなく、1階のレストランで皆で食します。しかし、各グループ個別個別なので違和感もありません。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

各グループごとに囲炉裏を囲むかたちで食します。風情あります。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

あめごの刺し身。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

柚子巻き柿、鳴門金時芋、椎茸と胡桃の煮物。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

囲炉裏で焼かれていた「祖谷の一品 でこまわし」。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

この旅館の面白いところは、料理長が直々にお客さんの前に出てきて、料理するところ。料理の鉄人的(?)な感じで、調理後の物がすぐに運ばれてきます。出来たてを食せるので食事が楽しいです。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

季節の野菜天婦羅。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

大きな鮎の串焼き。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

阿波牛のステーキ。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

蕎麦の実を使った雑炊。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

コンニャクの刺し身。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

祖谷名物の祖谷蕎麦。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

ボタン鍋。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

地元の果物。

安心できる地元の食材をふんだんに使い、兎に角、食べ切れない量の夕飯で大満足でした。

<朝食>
新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

新祖谷温泉 ホテルかずら橋の食事 @徳島・祖谷

朝から楽しくなれる朝食で、またこのホテル泊まりたいな。。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋
住所:徳島三好市西祖谷山村善徳33-1【Map
TEL:0883-87-2171 
FAX:0883-87-2175



kikusan1978 at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

祖谷では一番良いとされるホテル「ホテルかずら橋」を選びました。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

ホテルの玄関です。(ホテルのサイトから拝借)

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

このホテルの売りは、ゴンドラで山の上にあがるとそこに絶景な天空風呂が3つあること。(ホテルのサイトから拝借)

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

宿泊部屋はこのホテルに1室しか無い「天神」というスイートルーム。1泊6万5千円ほど。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

部屋の中はマッサージチェアがある以外は普通の部屋です。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

しかし、部屋風呂が違います。外に出られる出口付き。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

プールサイドにあるような椅子で外の大自然を眺めるもよし。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

新祖谷温泉 ホテルかずら橋 @徳島・祖谷

この部屋はなんと、かけ流しのプライベート露天風呂付きの部屋です。24時間温泉に入れるなんて幸せ過ぎでした。

新祖谷温泉 ホテルかずら橋
住所:徳島三好市西祖谷山村善徳33-1【Map
TEL:0883-87-2171 
FAX:0883-87-2175



kikusan1978 at 21:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

祖谷の道を走ると、こんなにも幻想的な世界。

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

今回、このホテルには宿泊しませんでしたが、ここも好きなホテルの一つ。「ホテル祖谷温泉」です。窓の外に見えるのは温泉までのびるケーブルカー。

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

窓の下にはホテルの部屋と、ずっと下には祖谷川が見えます。祖谷川のすぐ近くの露天風呂までケーブルカーで降りていきます。

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

ホテルの中にあるレストランでお茶をします。

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

コーヒーゼリー+和三盆糖アイス。

ホテル祖谷温泉 @祖谷渓谷

祖谷名物のお茶、お菓子も立派です。絶景を見ながらの休憩は気持ちが安らぎます。

遊膳 渓谷の里
住所:徳島県三好市池田町松尾松本367-2 ホテル祖谷温泉内【Map
TEL:0883-75-2311
営業時間:11:00〜16:00
休み:なし
座席数:席数50席



kikusan1978 at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

香川県と徳島県で作られる和三盆(わさんぼん)のアイス

和三盆糖は最高級の砂糖ですが、これは主に香川県や徳島県などで作られています。

香川県と徳島県で作られる和三盆(わさんぼん)のアイス

お店で売られているアイスクリームも和三盆糖。

香川県と徳島県で作られる和三盆(わさんぼん)のアイス

強い甘さですが、すっきりしています。やっぱり砂糖は和三盆ですね。


kikusan1978 at 19:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

かずら橋・小便小僧 @徳島・祖谷

高松から車で2時間も走れば徳島の秘境まで行くことができます。

かずら橋・小便小僧 @徳島・祖谷(大歩危峡・小歩危峡・祖谷渓)

平家一族が逃れてきたと言われる、秘境“祖谷”。目がくらむほどはるか下に見える祖谷川に向かって立つ小便小僧像。

かずら橋・小便小僧 @徳島・祖谷(大歩危峡・小歩危峡・祖谷渓)

3年ごとに架替えが行われるシラクチカズラで造られた「祖谷のかずら橋」。(国指定重要有形民俗文化財です)

かずら橋・小便小僧 @徳島・祖谷(大歩危峡・小歩危峡・祖谷渓)

かずら橋・小便小僧 @徳島・祖谷(大歩危峡・小歩危峡・祖谷渓)

遠くで見る限り簡単に渡れそうですが、いざ渡ってみると滑り落ちそうで絶叫ものです。(通行料500円)


kikusan1978 at 19:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年12月16日

阿波牛ハンバーグを食す!

徳島県の阿波牛を使った手作りハンバーグを買ってみました。
最高格付であるA5等級の阿波牛(黒毛和牛)だけを使った贅沢なハンバーグだそうです。食すのが楽しみ!

阿波牛ハンバーグ「雪の華」を食す!












↑冷凍の状態で届きました。ひとつひとつ手作りということで、どことなく形にばらつきがあるように見えます。が、それもご愛嬌!
手作りの都合上、一日に製造できる個数が限定されているとのこと。ちょっと貴重??

阿波牛ハンバーグ「雪の華」を食す!












↑1個140gです。解凍すると鮮やかな赤色。早速焼いてみます!

阿波牛ハンバーグ「雪の華」を食す!












↑しっかり網脂で包まれているので型崩れしません。しかし、この焦げ具合良いですね〜!

このハンバーグ、玉ねぎには甘みの強い淡路島産の玉ねぎが使われています。とっても軟らかく、素材自体の味なのか味も文句無し!また防腐剤を一切使っていないそうなので安心ですね。

有限会社 阿波牛の藤原
〒771-0220
徳島県板野郡松茂町広島字東裏3
TEL:088-699-2330
FAX:088-699-2330

kikusan1978 at 23:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月15日

徳島「阿波おどり」

四国一周をした翌日、懲りずに徳島日帰りを決行しました。

目的はそう!8/12から8/15までの4日間行われている「阿波踊り」を観る為です!

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑松山から車で約2時間で徳島へ到着です。徳島駅前はすごい人。。。ちょっと小雨が降ってましたが祭りには関係ありません!

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑「阿波踊り」も「よさこい祭り」のようにいろんな通りで踊られています。通りを移動するにもすごい人で疲れます・・・そのままですが「盛大なお祭り」といった感じですね!

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑徳島にこんなに人が居たのか!というくらいの人人人です!

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑外人さんも観たり踊ったりしてました。外人さんには着物で踊っている日本の踊りはとても興味あるんでしょうね。

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑居ました居ました!阿波踊りの特徴ともいえる、頭の傘が印象的ですよね。

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑太鼓など、いろんな和楽器を演奏しながら進んでいく姿は華やかです!ちなみに写真奥で空に光が輝いているところが最近映画になった「眉山(びざん)」です。「眉山」にはロープウェイで登ることができます。

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑参加グループも大学や企業など様々です!

本場徳島の「阿波おどり」を観る!












↑ここが一番華やかな通りです。踊る人たちにとってはここが晴れ舞台といった感じでしょうか。真っ直ぐ踊りながら近づいてくる風景はとても綺麗でした!

阿波踊りの音楽はとても印象的で、当分、頭から離れそうにありません・・・

今回は四国の二大祭りを堪能できた夏休みでした。

動画はコチラ
kikusan1978 at 00:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月13日

徳島の山奥の秘湯「祖谷温泉」

高知県から隣の徳島県に移動。

「かずら橋」で有名な祖谷(いや)という地域に向かいました。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」





















↑ここが祖谷。日本三大秘境と言われているそうです。絶景!!

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑祖谷の山奥にある「ホテル祖谷温泉」です。こんな山奥には似合わない綺麗な客室のホテルがあるなんて・・・ちょっと不思議。そして、ここの露天風呂が絶景だそうです。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑ここがケーブルカーの乗り場です。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」





















↑このケーブルカーで170m下の露天風呂まで下ります。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑湯舟の横にあるテラスも良い感じですね!

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」





















↑全国露天風呂番付にランクインされているそうです。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑祖谷温泉の成分表です。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑源泉かけ流し湯です。白い湯の花が浮き、少し白濁して見えます。

日本三大秘境の景観を楽しめる名湯「ホテル祖谷温泉」












↑露天風呂の横には祖谷川が流れており、お湯に浸かりながら見ることのできる風景はこんな感じです。綺麗な水が印象的です。

お湯は少しヌルッとした感じでぬるい感じですが、夏の暑い時期にはこれくらいが丁度いいかも。

この後、香川の祖母の家に立ち寄り愛媛に戻りました。帰省二日目にして四国四県を制覇です!!
kikusan1978 at 16:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

徳島の「祖谷そば」を食す!

祖谷には「祖谷そば」という郷土料理があります。Ca

この「祖谷そば」はコシがあり、少し太めで香り高い素朴な舌ざわりが特徴です。

徳島の「祖谷(いや)そば」を食す!












↑山芋の祖谷ソバを注文してみました。

徳島の「祖谷(いや)そば」を食す!












↑聞いていた通り、細くて太い麺です。一見すると不思議な感じですが、それより食しやすさに感動です!

徳島の「祖谷(いや)そば」を食す!












↑高知・徳島付近では鮎も有名です。鮎の塩焼きもメジャーな食べ物です。
kikusan1978 at 15:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年04月20日

沖縄で発見!徳島製粉の「金ちゃんヌードル」

沖縄のスーパーマーケットに立ち寄った際、懐かしいものを発見しました!

沖縄で発見!徳島製粉の「金ちゃんヌードル」












四国の徳島にある徳島製粉という会社が販売する「金ちゃんヌードル」です。四国出身の菊さんには幼少の頃から馴染みのあるカップ麺ですが、地方の小さな製麺会社の商品は四国以外で販売していないと思っていました。しか〜し、意外にも広い範囲で売られていたのですね・・・ビックリ!

金ちゃんラーメンの販売されている地域をMapにしたサイトがあったのでご紹介
⇒⇒こちら

「金ちゃんラーメン」徳島製粉株式会社
〒770-8063
徳島県徳島市南二軒屋町3丁目1番8号
TEL:088-622-9186



〜その他、四国発祥の会社〜

頑張れ四国勢!!

【愛媛県】
大王製紙株式会社(エリエール)
ユニ・チャーム株式会社
日本食研株式会社(焼肉のタレ)
ヤマキ株式会社(鰹節・めんつゆ)
マルトモ株式会社(鰹節・めんつゆ)
三浦工業株式会社(ボイラー)
井関農機株式会社
【徳島県】
大塚製薬株式会社
日本ハム株式会社
【香川県】
株式会社タダノ
株式会社加ト吉
株式会社セシール
穴吹工務店(サーパス)
kikusan1978 at 13:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月03日

鳴門の冷凍「大学いも」を食す!

四国徳島県の名産、鳴門金時芋を使った冷凍大学いもを頂きました。

冷凍の大学いも「中華ポテト」






















レンジで温めてすぐに食せます。そのままでも甘くて旨いですが、冷凍の為どうしても少しパサパサ感が。。。そこでバターを付けて食してみました!スイートポテトのような味になりました!


冷凍の大学いも「中華ポテト」













一袋に冷凍の中華ポテトが1kg入っています。

衞通腓里い皺
〒771-0360
徳島県鳴門市瀬戸町明神字板屋島123-5
TEL:088-688-0950
kikusan1978 at 13:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年01月09日

徳島の希少な苺 「ももいちご」を食す!

幻の苺「ももいちご」幻の苺「ももいちご」










四国・徳島でしか生産されていない希少なイチゴを送って頂きました。徳島県の名東郡佐那河内村というところでハウス栽培されている「ももいちご」というイチゴだそうです。生産数が少ないということと、地元徳島県と大阪中央青果市場でしか販売されていない為、とても希少価値の高い最高級のイチゴです。今シーズンはなんと29の農家でしか生産されていないそうです。それが幻のイチゴと言われる理由なんでしょうね。

最高級苺「ももいちご」この「ももいちご」は普通のイチゴより丸く、どこか桃の形に似ているところから「ももいちご」と名付けられたそうです。普通のイチゴに比べて甘みや香りが高く、何より果汁が多いのが特徴です。

いやぁ〜、それにしてもこんなに旨いイチゴはじめてです!
kikusan1978 at 01:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年08月27日

徳島のお取り寄せ食材「阿波牛」を食す!

徳島の「阿波牛」たまたま楽天市場を見ていて目に映った食材があります。四国の徳島の阿波牛という牛肉。
菊さんは愛媛育ちにも関わらず過去に食したことの無いブランド牛です。四国四県にはそれぞれブランド牛が存在します。愛媛の伊予牛、香川の讃岐牛、高知の土佐牛、そして徳島の阿波牛です。阿波牛なんて聞いたこともありませんでしたが、A−5ランクの美味しいお肉ということ。興味を持ったので土曜の早朝に注文!お店への要望で「どうしても明日食したい!」という要望を出したところ、本当に日曜の朝早く到着!店長の藤原さん、本当に有難う御座いました。
早速味見ということで、3種類の味で食してみました。

[笋靴磴屬砲靴董▲櫂鷽櫃鬚けたもの
塩とコショーで炒めたもの
炒めて焼肉のタレをかけたもの

脂身の多いお肉だけあって旨い!
同じお肉でも、味付け次第でいろいろ楽しめました。

藤原精肉店
〒771-0220
徳島県板野郡松茂町広島字東裏3
TEL:088-699-2330
FAX:088-699-2330
kikusan1978 at 23:19|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)
過去の記事はこちらから