四国・愛媛県のグルメ、旨いもの

2010年10月25日

海鮮料理「魚吉」 @愛媛・双海

愛媛は瀬戸内海に面しているので、旨い海鮮料理を食すことができます。20年以上も前から菊さんが通うお店があります。

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

海岸沿いを西に20分ほど走ると、日本の夕陽百選にも選ばれ"しずむ夕日が立ちどまる町"といわれる双海町にたどり着きます。この海岸沿いにある「海鮮料理 魚吉」です。

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

お店の目の前は海なので、窓から夕陽を眺めながら食事を楽しむことができます。

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

愛媛の県魚といえば「真鯛」です。愛媛には鯛を使った料理が数多くあります。(確か1000円くらい)

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

これは「鰆(サワラ)」の刺身。(確か1000円くらい)

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

これは「鱧(ハモ)」の梅肉ソースです。(確か1000円くらい)

「魚吉(うおよし)」で海鮮料理を食す! @愛媛・双海

これは菊さんオススメの「漁師セット(1575円)」です。釜めし、天ぷら、お造り、お吸い物、香の物、付きだしまで付いてこの値段。これだけでお腹いっぱいになるセットです。

季節料理「魚吉(うおよし)」
住所:愛媛県伊予郡双海町大久保甲1634-3
TEL:089-987-0015
営業時間:11:00〜21:00
定休日:月曜日


季節料理 魚吉 ( 郡中港 / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


kikusan1978 at 00:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年07月28日

愛南ゴールドプリン @愛媛

みかんの産地で有名な愛媛ですが、「愛南ゴールド」という聞きなれない柑橘があります。正式名称は河内晩柑というそうです。その河内晩柑とは、グレープフルーツに似た形と色なのですが、実は生産量は日本の柑橘類全体の1%も無いそうです。

愛南ゴールドプリン @愛媛

そんな希少な「愛南ゴールド」を使ったプリンです。(630円)

愛南ゴールドプリン @愛媛

のん気なイラストが描かれています。

愛南ゴールドプリン @愛媛

プリンというより、ゼリーのような食感と風味です。程よい酸味が心地良いです!

道の駅 みしょうMIC
住所:〒798-4110 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城4296-1
TEL:0895-72-1115
FAX:0895-72-4100

kikusan1978 at 00:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年07月27日

日本食研の「激辛道場 ビーフカレー」を食す!

菊さんの故郷である愛媛の企業「日本食研」の新製品を食す機会を頂きました。日本食研が本気で作った激辛シリーズ『激辛道場』のビーフカレーです。もちろん甘党お断りの商品です。

日本食研の「激辛道場 ビーフカレー」を食す!

丁寧なお手紙まで一緒に送って頂きました。消費者を大切にする社風が伝わってきます。

日本食研の「激辛道場 ビーフカレー」を食す!

早速、ご飯の上にレトルトのカレーをかけて食してみました。このカレーの激辛ぶりは正真正銘の"激辛"です。袋を開けるだけでも"激辛"さが分かる香辛料の強い香りが漂ってきますが、口に入れると瞬間に"激辛"さが痛みとなって伝わってきます。過去、"激辛"をうたったレトルトカレーは数多く食してみましたが、その度に期待を裏切られてきました。この「激辛道場 ビーフカレー」は本物の激辛です!ご馳走様でした!

日本食研の激辛ファンサイトファンサイト応援中

激辛

kikusan1978 at 00:35|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年04月29日

日本食研の本格派ソーセージを食す!

菊さんの好きな食品メーカー日本食研が、本場の伝統製法を守り手間隙かけて作ったハムやソーセージのブランドを4/16に立ち上げました。ブランド名はProsit(プロージット)といい、注文が入ってから製造を開始します。大量生産のできない製法なので、注文から届くまでに1ヶ月程度かかるそうです。また、製造から届くまでの工程で冷凍等の工程は無く、一貫して新鮮さにこだわるそうです。

日本食研の本格派ソーセージ「プロージット」prositを食す!

早速、ソーセージ2種類を購入してみました!左は「クライナー・ヴルスト(牛の辛口ソーセージ)」、右は「ペルツァー・ヴルスト(豚の荒挽きソーセージ)」です。各950円。

日本食研の本格派ソーセージ「プロージット」prositを食す!

早速、焼いてみました。左が豚肉の荒挽きソーセージ、右が牛肉の荒挽きソーセージです。

日本食研の本格派ソーセージ「プロージット」prositを食す!

よく考えてみると牛肉のソーセージは珍しいですね。味はハンバーグのような、しっかりとした肉の旨みがします。また、豚肉のソーセージの方は馴染みのあるプリプリした食感の少し脂身を感じるソーセージです。どちらもスーパーで売られているソーセージとは一味違う商品でした!
kikusan1978 at 16:48|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2009年12月01日

新創作中国料理「王府井」 @今治

愛媛県今治市(いまばりし)は"日本一"が多い町です。
例えば、「今治タオル」で有名な日本一のタオルの生産地、また、造船で日本一の「今治造船」、たれの国内シェア40%で日本一の「日本食研」のある町です。

その今治に新創作中国料理を楽しめる中華料理店があります。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

お店の名前は、タオル美術館内にある「王府井(ワンフーチン)」。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

ワンフーチンとは、北京中心部東城区にある繁華街のことですが、このお店はそれにちなんだ名前となっています。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

広くて綺麗な店内です。窓の外にはイルミネーション輝く広い庭を見ることができます。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

まずは前菜として「くらげの冷菜甘酢ソース(1,260円)」。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

続いてはプリプリ海老の「海老のチリソース炒め(1,470円)」。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

これは色鮮やかな「牛肉とピーマンの細切り炒め(1,400円)」。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

菊さんの大好きな「酢豚(1,050円)」。香酢がきいてます!

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

続いては「本格マーボー豆腐 四川風(840円)」。ちょうど良い辛さです!

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

「五目炒飯(840円)」。大きめなエビがのってます!

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

これは「海鮮春巻き(500円)」。海鮮なので中身はエビのすり身でした。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

これは「ふかひれ餃子(700円)」。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

「小龍包(550円)」。中には旨いスープがたっぷり!

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

最後は「マンゴープリン(350円)」で終了です。

今治のタオル美術館内にある新創作中国料理「王府井」

このレストランの味は全般的に、"まろやか"に感じました。きっと舌が上海の中華料理の味と比べてしまうのでしょうね。あらためて、日本人向けにアレンジされた中華料理も良いなと思う瞬間でした!

新創作中国料理「王府井」
住所:〒799-1607
愛媛県今治市朝倉上甲2930 タオル美術館内
TEL:0898-56-1517
FAX:0898-56-1518
営業時間:昼11:00〜15:30、夜17:00〜21:00(LO 20:00)


王府井 ( 伊予三芳 / 中華料理一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


kikusan1978 at 01:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年11月03日

元祖、魚肉ソーセージを食す!

誰もが知っている魚肉ソーセージですが、実は愛媛県に本社のある西南開発という会社が約60年前に日本で始めて作ったものだそうです。愛媛出身の菊さんも、このことを知りませんでした。

日本で初めて魚肉ソーセージを作った愛媛県・西南開発株式会社の元祖魚肉ソーセージを食す!

これが西南開発株式会社の『元祖魚肉ソーセージ』!

日本で初めて魚肉ソーセージを作った愛媛県・西南開発株式会社の元祖魚肉ソーセージを食す!

昭和26年当時のレシピにこだわり、国産あじ100%の魚肉ソーセージです。製法も当時のまま、石臼と杵を使っているそうです。

日本で初めて魚肉ソーセージを作った愛媛県・西南開発株式会社の元祖魚肉ソーセージを食す!

箱の中には太めの魚肉ソーセージが3本入っています。
味はシンプルですが深みのある"これぞ元祖!"という感じ。ソーセージの弾力からは、あじの新鮮さが伝わってきます!

西南開発株式会社
〒796-0293 愛媛県八幡浜市保内町宮内1-300-1
TEL:0894-36-0651
FAX:0894-36-1741

kikusan1978 at 14:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年08月13日

四万十川の天然ウナギを食す!

愛媛県で唯一、四万十川の貴重な天然鰻を食すことのできる「天然鰻専門店 末廣」に行ってきました。

四国・四万十川の天然鰻を食す!愛媛県の広見川の天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」

天然鰻の特徴の一つとして、一般的に出回っている養殖鰻と比べて"脂のノリ"がとても少ないです。

四国・四万十川の天然鰻を食す!愛媛県の広見川の天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」

幼少の頃、何度か訪れたお店ですが、いつの間にか綺麗になっていました。

四国・四万十川の天然鰻を食す!愛媛県の広見川の天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」

メニューはいたってシンプルで、"蒲焼"、"うな重"、"うな丼"から選びます。

四国・四万十川の天然鰻を食す!愛媛県の広見川の天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」

手長えびを甘く煮たものです。殻もそのまま食せます。

四国・四万十川の天然鰻を食す!愛媛県の広見川の天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」

菊さんが注文したのは「うな重(3700円)」です。天然の鰻は臭みが少なく、また、炭火の香ばしい香りが最高です!

※希望の数日前には予約が必要です。
※天然鰻専門店なので、季節や数に限りがあります。

四万十川 天然鰻専門店「末廣 (末広 すえひろ)」
TEL:0895-42-0156
住所:愛媛県北宇和郡松野町大字松丸488
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜19:30
定休日:日曜、祝日

kikusan1978 at 00:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年04月29日

割烹「桃李花」@松山

松山城周辺に位置する"ロープウェイ街"にある懐石料理のお店「桃李花」に行ってみました。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

"ロープウェイ街"は松山市が「坂の上の雲」を軸に進めている整備プロジェクトで整備された商店街です。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

「桃李花(とうりか)」は瀬戸内の料理が楽しめる割烹。
予約時、座席は個室のお座敷を用意してもらいました。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

席に着く時には既に"お通し"が準備されています。
今回は10000円の懐石コース。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

"お通し"は旬の物を少しずつ楽しむことができます。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

瀬戸内産の新鮮なお刺身の盛り合わせです。サヨリのお造りが出てきました。これ、とても珍しいですね。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

"鯛の桜蒸"です。桜餅のように桜の葉で包まれています。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

ヒメダイのポワレです。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

パイ包みのスープです。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

ほうたれ鰯や季節の野菜の天ぷら。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

菊さんの大好きな、アサリのお吸い物。うまっ!

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

ご飯物は"ほうたれ丼"です。瀬戸内でとれた「ほうたれ鰯」を漬け込み丼にした料理です。ピリ辛のタレが食欲をそそります。

愛媛、松山のロープウェイ街にある割烹・お抹茶の店「桃李花(とうりか)」

最後は抹茶とお茶菓子。このお店は、昼間は抹茶も楽しめるお茶処なので、美味しい抹茶を飲むことができます。

割烹『桃李花』
愛媛県松山市一番町2丁目7-3 吉久ビル1F
TEL:089-932-3213

kikusan1978 at 20:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年03月21日

中国割烹「大岩」でヌーベルシノアを食す!

瀬戸内の素材を使ったヌーベルシノア(西洋風に盛り付けした中華料理)を食せる「割烹大岩」に行ってきました。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

道路に面した「雁飯店(がいはんてん)」という同系列のお店の脇道を通り抜けると、「割烹大岩」に辿り着きます。なぜかここだけ京都の祇園のような雰囲気。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

中庭には鯉が泳ぐ川が流れ、風情ある景色を眺めながら食事することができます。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

お店に入ってすぐ目に飛び込んでくるのは超巨大なフカヒレ。こんな大きなフカヒレを見たのは初めてです。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!


愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

このお店は全席個室なので、ゆっくり食事を楽しむことができます。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

まずは「クラゲの冷菜」。大きなクラゲと絶妙な酢の加減は感動ものです。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

続いては「海老のぷりぷり春巻」。中には海老が沢山!

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「牛肉とピーマンの細きり炒め」も旨っ!

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「鶏の唐揚げ」です。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「麻婆豆腐」は土鍋でグツグツ煮立った状態で出されます。ちなみに程よい辛さで、激辛ではありません。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

松山築城400年祭『松山味のコンテスト』においてグランプリを受賞した料理。蛸を詰めた蝦団子を松山揚げで巻いています。黒酢ソースで食します。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「酢豚」です。この色艶を見るとヨダレが・・・

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「焼き餃子」です。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

ご飯ものは「五目炒飯」を注文しました。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

珍しい「フカヒレのお刺身」です。正直なところ、味は「フカヒレの姿煮」の方が好きだな。。。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

「一口小籠包」です。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

これは「海老のチリソース」。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

菊さんの大好きな料理「中華ポテト(芋の飴だき)」です!見た目通り、絶品でした!

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

デザートの「豆花」です。

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

これは「杏仁豆腐」です。杏仁が濃くてウマいです!

愛媛・松山、雁飯店「中国割烹 大岩」でヌーベルシノアを食す!

〆は「胡麻団子」です。

雰囲気は割烹なのに、何故か中華料理店。でも、味は間違い無くウマイお店でした!

雁飯店「中国割烹 大岩」
〒790-0821 愛媛県松山市木屋町2-7-20
TEL:089-922-7122
FAX:089-924-3151
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:00)

17:00〜22:00(L.O.21:00)
kikusan1978 at 22:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年03月20日

キッチン「ichi-nichi」の新メニュー!

菊さんお気に入りの『kitchen ichi-nichi』に、新メニューが加わりました!

kitchen ichi-nichi(きっちん いちにち)キッチン イチニチ

キノコのピッツァです。生地から作るので、毎日数量限定です。

kitchen ichi-nichi(きっちん いちにち)キッチン イチニチ

地元の雑誌の表紙を飾った「イチゴのタルト」です。
味は菊さんのお墨付きですが、『目』で見ても美味しさを味わうことのできるデザートです!

Kitchen ichi-nichi(キッチン イチニチ)
愛媛県伊予市市場725-1
TEL:089-983-2193

kikusan1978 at 00:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年02月07日

道後「夢蔵」で会席料理を食す!

道後温泉本館の東側に建つ"蔵"をイメージした旅館「夢蔵(ゆめくら)」。この旅館の1階に"宮内庁御用達萬屋調理師会 会長、日本料理界至高の料理人"と言われる遠藤十士夫氏プロデュースの会席レストランがあります。

愛媛、松山の道後温泉・夢蔵の「夢かたり」で会席料理を食す!

これが旅館「夢蔵」への入り口。

愛媛、松山の道後温泉・夢蔵の「夢かたり」で会席料理を食す!

今回の目的は1階の「宴の会席料理 夢かたり」です。

愛媛、松山の道後温泉・夢蔵の「夢かたり」で会席料理を食す!

今回、一番奥の個室を用意しれくれましたが、その個室から見た"道後温泉本館"です。ちょうど"道後温泉本館"の真裏、皇室専用の浴場の入り口が見えます。

愛媛、松山の道後温泉・夢蔵の「夢かたり」で会席料理を食す!

花会席(5,250円)」を注文してみました。まずは"はしつけ"3品です。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

続いて"椀"。この斬新な色、まるでUFOのようなお椀です。

愛媛、松山の道後温泉・夢蔵の「夢かたり」で会席料理を食す!

弁当箱のような木箱に入った"八寸"です。大きくてあま〜い紅梅が美味しいです。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

"刺身盛り"です。どれも新鮮な瀬戸内の海の幸ばかり。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

"皿"料理として、ステーキです。旨いものはこれくらいの量で十分です。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

"口なおし"として、にんじんスパークリング。あっさりとして飲みやすいドリンクでした。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

続いては"煮物"。大根、東雲小芋、黄色白玉に柚子味噌がかかっています。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

"食事"として、「しなのうどん」です。四国のうどんの味というより、味噌汁のような味です。

愛媛、松山の道後温泉・ゆめくらの「夢かたり」で会席料理を食す!

最後は"おとめりんご"という林檎のデザートです。林檎のシャリシャリシャーベットみたい。

味、雰囲気ともに満足できる場所だと思います。

「会席料理 夢かたり」
〒790-0837
愛媛県松山市道後湯月町4-5 夢蔵1F
TEL:089-931-1180
営業時間:17:00〜22:00

kikusan1978 at 22:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

四国・松山の「松山鮓(すし)」

東京に帰る日、いつも空港内のレストランで夕飯を食し、東京へ戻る最終便に乗り込みます。

今回は(いつも立ち寄るレストランでなく)初めて入るお寿司屋さん「すし処」で食事することにしました。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」





















店内に入ると「松山鮓(すし)」のポスターが貼ってありました。地元の郷土料理なのに、「松山鮓」なんて馴染みがありません。初めて聞きました。

「松山鮓」についてwikiで調べてみると、"1892年(明治25年)8月、大学予備門の学生だった夏目漱石が初めて松山を訪れ、正岡子規の家に立ち寄ったとき、母、八重がもてなしたのが松山鮓であり、漱石は大いに喜んだようだ。"とあります。意外にも、由緒の有るお寿司だったんだ・・・

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












残念ながら、今回は「松山鮓」を食しません。通常のニギリを食します。これはカンパチの握り。肉厚です!

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












"鯛皮の酢の物"と"刺し身の盛り合わせ"。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












穴子の押し寿司です。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












これは握り盛り合わせの「竹」(1,580円)。空港内で、こんなにも新鮮な瀬戸内海の魚を食すことができるなんて思っていませんでした。値段もリーズナブルだと思います。このお店、いいかも!


--------今回獲得JAL Frequent flyer program--------
基本区間マイルの75% 329mile×往復
ツアープレミアム会員ボーナス 110mile×往復
JALサファイア会員ボーナス 438mile×往復
クラスJ搭乗ボーナス 43mile×往復
インターネット予約ボーナス 150mile×往復
獲得合計マイル 2140mile
kikusan1978 at 00:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月14日

JALグローバルクラブ「JGC」

ANAのスーパーフライヤーズ会員に似た会員サービスがJALにも存在します。

日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)












それは、JALグローバルクラブ(JGC)という名の会員サービス。
これがそのJALJGCカードです。
念願だったJALの会員サービス、今年やっと手に入れました。

日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)












JGC会員になると様々な優遇サービスを受けられますが、例えば、羽田や成田空港で専用カウンターを使うことができます。また、預けた荷物は優先的に出てくるよう取り扱ってくれます。

日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)












出発までの時間は国内外にある「JALサクララウンジ」を利用することができます。

日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)





















これは羽田空港のサクララウンジです。

日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)












やはりサラリーマンの利用者が多いようですね。

--松山に到着--
日本航空 JALグローバルクラブ(JGC)












JAL1463便を利用して今年最後の帰省をしました。馴染みの松山全日空ホテルも、すっかりクリスマスの装いです。
kikusan1978 at 01:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年12月06日

ふぐ会席@雲海

今年初となる河豚料理を食しました。

松山全日空ホテル雲海で「フグ会席」を食す!












お店は「日本料理雲海」。ホテルの6階なのに日本庭園を眺めながら食事をすることができます。

松山全日空ホテル雲海で「河豚会席」を食す!












"ふぐ会席"コースの先附は「ふぐ皮湯引き」。写真右は「季節の小鉢」です。

松山全日空ホテル雲海で「ふぐ会席」を食す!












菊さんが河豚料理で一番好きな「ふぐ刺し」です。肉厚でうまっ!

松山全日空ホテル雲海で「ふぐ会席」を食す!












続いては「ふぐちり鍋」です。

松山全日空ホテル雲海で「ふぐ会席」を食す!












大きな"白子"がゴロゴロ。でも、残念ながら菊さんはあまり好きじゃないんだな・・・

松山全日空ホテル雲海で「ふぐ会席」を食す!












料理の最後は「雑炊」。河豚の旨みたっぷりです!

この後、デザートとして季節の果物が出てきてコース終了です。ご馳走様でした。初物、旨かったです!

「河豚会席」8,900円/人
期間限定:11月1日(土)〜12月31日(水)まで

松山全日空ホテル「日本料理雲海」
〒790-8520
愛媛県松山市一番町3-2-1
TEL:089-933-5511
FAX:089-921-6053

kikusan1978 at 01:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年10月25日

フランス料理「シャトーリヨン」

松山でも老舗と言われるフレンチの名店「シャトーリヨン」に行ってみました。

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












焙煎室のある本格的な喫茶店「茜屋珈琲 新空港通店」の2Fがレストランです。

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












お店のオーナーは、フランス料理のワールドカップで金賞を受賞したことがある腕の持ち主。楽しみです!

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」





















お店は24席しかないのでご予約をお薦めします。

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












メニューは無く、予算を言うと合わせて作ってくれます。今回は5000円のコースを注文してみました。まずは「オードブル盛合せ」。愛媛県産の新鮮な魚介類がふんだんに使われています。

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












白桃のスープですが、甘くてデザートみたい!

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












魚料理です。白身魚のムニエル(?)にカニの爪、季節野菜の天ぷらが盛られています。十分なボリュームです!

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












メインディッシュの肉料理です。国産牛のステーキにアボガドソースがのせられています。他のレストランなら、この一皿だけで5000円しそう。。。

愛媛県松山の老舗フレンチレストラン「シャトーリヨン」












最後はデザートの盛り合わせとコーヒー。デザートもてんこ盛りです。この味とボリューム、安すぎです!ご馳走様でした!

フランス料理「シャトーリヨン」
住所:愛媛県松山市南江戸4-3-58 茜屋珈琲店2F
電話:089-974-3010
営業時間:12:00〜14:00、18:00〜21:30(21:00LO)

kikusan1978 at 23:42|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年08月16日

愛媛「権現山」の流しそうめん

大自然の中で"流しそうめん"を食すことのできる「権現山」というところに行ってみました。

愛媛「権現山」の流しそうめん











権現山は愛媛県の砥部町というところにあり、そのふもとで"納涼流しそうめん"を楽しむことができます。

愛媛「権現山」の流しそうめん





















「中野川」という川の源流が流れていて、見ているだけでも涼しくなります。

愛媛「権現山」の流しそうめん












少し森に入ると建物が見えてきます。その建物で"そうめん"の代金を支払い、"そうめん"のテーブルに移動します。

愛媛「権現山」の流しそうめん





















これが"流しそうめん"のテーブルです。石で造られていて、目で見ても涼しさが伝わってきます。灯篭のデザインは、まるで箱庭のよう!

愛媛「権現山」の流しそうめん
























色々な薬味の入った"そうめんつゆ"で食します。

愛媛「権現山」の流しそうめん











当たり前ですが、どんどん流れてきます。屋外で食すということで、気持ちも晴れ晴れして、余計に食べ過ぎてしまいます。。。くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください・・・

「権現山」流しそうめん
住所:権現山休憩所(愛媛県砥部町総津1548番地)
TEL:089-969-2152
開催期間:7/1〜9/7(無休)
時間:9:00〜17:00

kikusan1978 at 14:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

「うさぎや」のかき氷を食す!

菊さんちの家の近くに"氷が細かくて旨いかき氷屋"があると聞き行ってみました。なんでも、裏路地にある知る人ぞ知る名店だそうです。

愛媛県伊予郡松前町「うさぎや」のかき氷を食す!












なんと和風の家の入り口に小さな出店を構えてしまっています。面白いくらいに行列ができてきます。かき氷屋さんなのに、この風景には驚きです!近所の人や地元の高校生など、お客さんは様々。

愛媛県伊予郡松前町「うさぎや」のかき氷を食す!












氷を削り、シロップをかけ、ミルクをかけ。。。ひとつひとつ丁寧に時間をかけて作られます。シロップはこのお店の手作りだそうです。こだわりのシロップなんでしょうね。

愛媛県伊予郡松前町「うさぎや」のかき氷を食す!






















菊さんは"宇治"味にしました。このボリュームで250円とはお得ですね!「大」サイズにしても値段はそのままなので、「大」にしました。

愛媛県伊予郡松前町「うさぎや」のかき氷を食す!












この練乳と宇治とのコラボがたまりません!シロップは決して甘すぎず、絶妙な旨さです。あっという間に完食してしまいました!
kikusan1978 at 13:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

愛南ゴールドを使った「あいなん柑ジュレ」

愛媛の土産として、いつも上位に入る「あいなん柑ジュレ」を食してみました。

愛南ゴールドを使った「あいなん柑ジュレ」












これが「あいなん柑ジュレ」。全国的にも生産量が限られていて、希少価値の高い"愛南柑(愛南ゴールド)"をふんだんに使ったジュレです。しかも1つ1つ手絞りだそうです。こだわり過ぎ!

愛南ゴールドを使った「あいなん柑ジュレ」












ニューサマーオレンジや、グレープフルーツのような香りが"あいなん柑"特有のものです。ほどよい甘味と酸味、ジューシーさが人気のヒミツなのでしょうか。

あいなんマザーズ「あいなん柑ジュレ」
住所:〒798-4105
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城長月1113
Tel/Fax:0895-72-2338

kikusan1978 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年08月15日

「windy hill 楓」で伊予牛を食す!

菊池家の墓参りを終え、家に帰る途中で夕飯を食すことにしました。

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












立ち寄ったのは"喜多郡内子町五十崎乙"という場所にある「windy hill 楓(ふう)」というログハウス風のレストラン。なんだか大自然の中に建っている感じがしますね。

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!


















喫茶でも食事でも、外の席を使うこともできます。

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












お店の中はこんな感じで、本格的なログハウスです。お盆ということもあってか、この日は菊さん家以外、お客さんは居ませんでした。なんだか"貸切"状態で、のびのびくつろぐことができました。

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












菊さんが注文したのは「ログハウスステーキセット(4,000円)」。まずは前菜の"鯛のカルパッチョ"です。このボリュームで一人前です!

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












これはオプションで注文した"アワビのバター焼き"です。菊さんにとって、アワビのバター焼きはあまり好きな味じゃないな・・・

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












メインのステーキが運ばれてきました!パン・サラダ・スープも出揃いました!ステーキのソースはキノコを使ったデミグラスソースです。

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












これが愛媛のブランド牛"伊予牛"のステーキです!ミディアムで焼いて頂きました。ちょっと薄い肉だな〜って印象です。でも、4,000円のコースだからこんなものか・・・でも旨いね!

喜多郡内子町五十崎乙「windy hill 楓」で伊予牛ステーキを食す!












〆のデザートはマンゴーゼリーとコーヒー。ゼリーにはマンゴーヨーグルトをお好みでかけて食します。

このお店は味だけでなく、大自然の雰囲気を味わうにも良いお店ですね!

Cafe windy hill 楓(ふう)
住所:愛媛県喜多郡内子町五十崎乙729
TEL:0893-43-0313
営業時間:10:00〜21:00、(ラストオーダー20:30)
定休日:月曜日

kikusan1978 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

夏休み、愛媛への帰省

8/15は夏休みをもらい、2泊3日の日程で愛媛に帰省してきました。松山へ帰省する便は、羽田を8:45に出発する始発便「日本航空1461便」です。

日本航空JAL1461便












この便は国際線仕様機なので、「クラスJ」座席に座ると国際線のビジネスクラス席に座ることができます。とても快適な70分間の空の旅でした。


松山に到着してすぐ、菊池家のお墓参りをする為に宇和島よりも南の地方にある愛南町という町へ移動しました。

清流四万十川の天然うなぎ












途中、「なにわ」というレストランでランチを食しました。愛媛の田舎の町なので、海や川の魚のメニューが豊富なレストランです。菊さんは「四万十川の鰻の蒲焼定食」を注文しました。量は少ないけどウマッ!都会では高くて食べられません!っていうか、まず四万十川産の鰻は手に入らないか。。。

カツオのタタキ












これは鰹のタタキです。ここ愛媛では、鰹のタタキで有名な高知県と同様で、タタキには野菜をのっけてポン酢をドバッとかける習慣があります。これがまた旨いっ。

なにわ
住所:愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城3924-1
TEL:0895-72-1411
営業時間:9:00〜21:00
定休日:火曜日



〜内子町小田、山ノ神火祭り〜

お墓参りからの帰り、内子町小田という場所で(毎年)火祭りが開催されていると聞き、少し寄り道してみることにしました。ちなみに場所は山の中です。

内子町小田、山ノ神火祭り











菊さんも初めての場所です。こんな山の中に大勢の観光客が。。。実は有名な祭りなのか??山に「山ノ神」と炎で文字が書かれています。その下には開催中のオリンピックを祝してか、「2008北京」とも書かれています。中国マニアの菊さんには和む一瞬です。
山の下の畑にも炎でライトアップされ、畑の中では(誰か分かりませんが)ライブをしていました。

内子町小田、山ノ神火祭り











道路沿いのライトアップも全て炎。

内子町小田、山ノ神火祭り
























近くを流れる川の中まで炎で飾られています。愛媛県でこんな祭りがあったことに驚きです。

この祭りでは花火も打ち上げられますが、気まぐれで立ち寄っただけの菊さんは花火を見ることなく帰宅しました。花火を見た方のblog記事を拝借するとこんな感じだったそうです。

菊さん移動マップ












--ご参考までに--
この日、菊さんが四国で移動した位置関係です。
kikusan1978 at 22:38|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)
過去の記事はこちらから