2015年05月03日

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

日本に帰国したときはいつも焼肉を食しますが、今回は無性に旨いステーキを食したかったので、(六本木に次いで)昨年12月に丸の内にもできた「ウルフギャング・ステーキハウス」に行ってみました。でも、これが大ハズレ。

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

お店はパリのキャバレーを思い出させる雰囲気で、お店の位置とデザインのコンセプトは申し分ありません。これが味の期待感を高めてしまいます。

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

お店の中はクラシック調で、憧れのお店と言われる理由も分かります。また、入り口の女性スタッフや店内の男性スタッフは皆若く、美男美女揃い。なんだか自分が場違いなお店にきてしまったのではと不安になってしまうほどです。

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

メインの肉が焼けるまでの間はスープとサラダで我慢です。まずは、クラムチャウダースープ。ここはトマトベースのクラムチャウダーでした。

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

厚切りベーコンとロブスターのサラダです。素材の色も鮮やかで見た目も良いし、ここまでは確かに旨い!

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

メインの肉が出てきました。
お皿ごとオーブンで焼いているそうで、バターソースがぐつぐつ沸騰しながら、あつあつのまま運ばれてきます。フィレとサーロインの2種類の部位が同時に楽しめるTボーンステーキです。ミディアムでオーダーしましたが、どんどん熱が伝わりミディアムからウェルダンに変わっていきます。

「ウルフギャング・ステーキハウス」 @東京・丸の内

一緒に注文したアスパラも綺麗で立派。如何に良い素材を使っているか、分かります。値段はここまでで約5.5万円。

サイズはそれほど大きすぎという訳ではないのに、なかなか肉が減りません。食が進みません。

サービスも雰囲気も店員さんの態度もとても良いお店ですが、残念ながら肝心な味について、菊さんの好きな味ではありませんでした。このレベルの味ならファミレスやフォルクスで十分かなと。。素材そのものが良く、素材のシンプルな味を楽しむイタリアのビステッカのイメージを持っていたので、このお店には少し期待し過ぎていたのかもしれません。赤身のUS牛をバターで焼いても霜降り肉にはならないですしね。。
このお店が人気なのは、味じゃなくて雰囲気なのかもしれません。以上は、今後行かれる方の参考になればと思います。

ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA 明治生命館 B1Fアクセス【Map
営業時間:11:30〜23:30
TEL:03-5224-6151
定休日: 無休



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから