2014年10月08日

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

今回は、シンガポール経由でインドネシア領のリゾートアイランド、ビンタン島 (Pulau Bintan)に行ってみます。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

今後も頻繁にお世話になるAF259便。ジャカルタのスカルノハッタ空港を19:30に出発する便です。チェックインの際、エールフランスのカウンターで国際線の空港税15万ルピア(約1500円)を支払うと納税シールがチケットの裏に貼られます↓こんな感じ。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

奥のラウンジはJALのファーストラウンジ。今回はビジネスクラスなので、左手前のエールフランスのラウンジを利用します。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

広々としていて、コンセントやWifiも十分揃っています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

料理はこちらの方が豊富です。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

上級会員とプレミアムエコノミー座席以上に乗る人は優先搭乗が可能です。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

このエールフランス機でシンガポールに向かいます。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

座席は「4A」の窓側席。平日なのでガラガラ。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

フルフラットになるシートなので広々。その上、隣の席も使うことができました。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

1時間ほどの飛行ですが、ハンガー・スリッパ・大きな枕がセットされています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

手元にはエビアンのミネラルウォーター。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

電動リクライニングです。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

足元には電源も搭載されています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

ビジネスクラスのアメニティポーチはエールフランスの柄がイメージされています。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

ポーチの中には機内の乾燥を防ぐグッズなどが満載。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

まずはウェルカムシャンパンと新聞のサービス。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

機内食のメインはラビオリのパスタ。やはりエールフランスの西洋料理は旨いです。

38回目のシンガポール&ビンタン島--エールフランス「AF259」便のビジネスクラス

チャンギ空港には、定刻の22時頃に到着しました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから