2014年07月16日

シンガポールで日本の家電を使えるようにしてみた。

日本人なら、どうしても美味しいお米を海外でも食したいと思うもの。そこで、変圧器と炊飯器を日本から買って行きました。

シンガポールで日本の家電を使えるようにしてみた。

電圧を下げる機器を取り付けることで、問題なく炊くことができました!

ちなみに、電圧と周波数はシンガポールが電圧(220-240V)・周波数(50Hz)、日本は電圧(100V)・周波数(50-60Hz)です。以前、日本から持ってきたプラグを差し込んだら、差し込んだ瞬間にブレーカーが作動してしまいました。変圧器は炊飯器より高価ですが、こりゃ便利。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから