2013年11月23日

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

恒例となった週末ホーチミン旅。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

いつもの日本航空759便で向かいます。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

最近、東南アジアに出かけることが増えてきたので、約6時間前後の飛行時間は慣れました。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

座席はビジネスクラス最前列の「1A」。ホーチミン線もジャカルタ線と同様「SKY AUBERGE BEDD」というコンセプトの機内食でした。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

機内食はコンテンポラリーフレンチを注文しました。
「東京六本木 “Edition Koji Shimomura” 下村浩司氏監修」

【メイン】
・国産牛フィレ肉のステーキ
・花豆、葱、赤ピーマンのラグー
(グレイビーソース、マチュピチュの天空塩 、粒生胡椒で)
【前菜】
・奥久慈軍鶏とフォアグラのバロティーヌ
【その他】
・しめじと黒トリュフのコンソメスープ
・パ ン

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

最近、JALの機内食のステーキが美味しくなってきた気がします。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

デザートは「栗のモンブラン」でした。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

バーカウンターには「ジャン=ポール・エヴァン」のショコラが用意されていました。

5回目のホーチミン--日本航空「JL759」便

離陸から約6時間後、ホーチミンの夜景が見えてきました。
タンソンニャット国際空港には、定刻より約20分早く到着しました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから