2011年12月31日

ビストロ レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

フランス通の同僚(佐藤さん)に教わったレストランです。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

パリ6区にある、パリで大人気のレピデュパン(L'EPI DUPIN)。すぐに満席になってしまうお店なので、予約必至です。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

店内はシンプルモダンな雰囲気で、ソファーテーブル席とカウンターテーブル席、それにテラス席がありますが、全部で40席ほどしかないコンパクトなお店です。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

このお店、美味しいのに値段が手ごろだというのも人気の理由のひとつ。コース料理のオーダー方法しか無いということだったので、コースでの注文です。まずは「ニンジンと生姜の令製スープ」。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

これは「焼き野菜の料理」。何の野菜か分かりませんが、少し苦味のある野菜でした。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

これは「エスカルゴの料理」。エスカルゴとニョッキのようなモチモチしたものが混ぜられていました。この頃、焼きたての小麦パンが運ばれてきました。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

続いては魚料理「タイのソテー」。表面はカリカリに焼かれたタイと、その下のクリームソースで味付けされたネギとの相性が良いです。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

これは「牛フィレのステーキ」です。日本の牛フィレに比べると少し硬い気がしましたが、旨いし食べ応えは十分アリです。

レピデュパン(L'EPI DUPIN) @パリ

最後のデザートは「グレープフルーツ&バナナのペースト&バニラアイスのデザート」でした。

店員さんも日本語が通じるし、料理もすぐに出されるので好感が持てます。味も、もちろん期待通りでした。ビートたけしや柴崎コウも立ち寄ったことのあるお店なんだそうですが、これ納得です。

値段 : 約5000円/人※現地ではリーズナブル。
味の評価 : 良い。
雰囲気 : シンプルモダン。清潔。
サービス : 良い。
客層 : 日本人より外国人の方が多い。
用途 : 食事や家族、友人との食事。


ビストロ レピデュパン(L'EPI DUPIN)
住所:11,rue Dupin 75006 PARIS 【Map
TEL:01-42-22-64-56
FAX:01-42-22-30-42
営業時間:ランチ :12:00〜14:30
ディナー:19:00〜22:30(二部制 19:00〜/21:30〜)
定休日:不明
席数:40席くらい
カード利用:利用可



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから