2011年08月07日

大洲・肱川の鵜飼(うかい) @愛媛

久しぶりに帰省し、愛媛の夏の風物詩を楽しんできました。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

大洲の肱川というところでは、「日本三大うかい」に数えられるの鵜飼を見ることができます。
「日本三大うかい」とは、岐阜県の長良川鵜飼、大分県の三隈川鵜飼、そして、愛媛県の肱川鵜飼です。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

今回はこの船一艘を貸し切ります。値段は乗る人数にもよりますが、約6万円/一艘でした。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

この人が今回の鵜飼見学の鍵を握る船頭さんです。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

そして、この鵜たちが今回楽しませてくれるキャストたちです。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

船が出発するのは18時半。外はまだ明るいので、暗くなるまでの間は川の上で食事を堪能します。まずは瀬戸内で取れた魚。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

そして、巻き寿司。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

そして、菊さんの好きな鮎。岸辺で焼いたアユを、アツアツなまま船に運んでもらい食します。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

そうめんもありますが、撮影ミス。既に綺麗な状態ではありませんでした。。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

食後のフルーツも用意されています。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

日が落ちていくと、船の提灯が点灯されます。幻想的です!

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

船に積まれていた鍋の中身は愛媛名物の「芋たき」でした。愛媛の「芋たき」はいりこだしを使って甘く煮るのが特徴的です。

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

だんだん暗くなってきました。大洲の空気は綺麗なので、星も写真に写りこんでますね。※写真中の空部分の点々は星です※

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

大洲・肱川の鵜飼(うかい)@愛媛

暗くなると、いよいよ鵜飼がスタート。
灯りに照らされて鵜たちが必死に漁を始めます。

9月20日まで見られる、愛媛の夏の風物詩の紹介でした。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから