2008年12月15日

四国・松山の「松山鮓(すし)」

東京に帰る日、いつも空港内のレストランで夕飯を食し、東京へ戻る最終便に乗り込みます。

今回は(いつも立ち寄るレストランでなく)初めて入るお寿司屋さん「すし処」で食事することにしました。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」





















店内に入ると「松山鮓(すし)」のポスターが貼ってありました。地元の郷土料理なのに、「松山鮓」なんて馴染みがありません。初めて聞きました。

「松山鮓」についてwikiで調べてみると、"1892年(明治25年)8月、大学予備門の学生だった夏目漱石が初めて松山を訪れ、正岡子規の家に立ち寄ったとき、母、八重がもてなしたのが松山鮓であり、漱石は大いに喜んだようだ。"とあります。意外にも、由緒の有るお寿司だったんだ・・・

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












残念ながら、今回は「松山鮓」を食しません。通常のニギリを食します。これはカンパチの握り。肉厚です!

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












"鯛皮の酢の物"と"刺し身の盛り合わせ"。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












穴子の押し寿司です。

松山空港で食す、すし処「松山鮓(すし)」












これは握り盛り合わせの「竹」(1,580円)。空港内で、こんなにも新鮮な瀬戸内海の魚を食すことができるなんて思っていませんでした。値段もリーズナブルだと思います。このお店、いいかも!


--------今回獲得JAL Frequent flyer program--------
基本区間マイルの75% 329mile×往復
ツアープレミアム会員ボーナス 110mile×往復
JALサファイア会員ボーナス 438mile×往復
クラスJ搭乗ボーナス 43mile×往復
インターネット予約ボーナス 150mile×往復
獲得合計マイル 2140mile

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから