2008年09月06日

加賀屋「雪月花」の部屋

今回は雪月花(せつげつか)の16階に宿泊します。ちなみに、この棟の18階〜20階は"浜離宮"という特別フロアがあり、そのフロアには"浜離宮"宿泊者しか上がることができないそうです。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











16階に到着するとエレベーターホールには深い緑色が特徴の"九谷焼"を使った装飾が施されています。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











宿泊する部屋は"福寿草の21"という部屋。名前の付け方も斬新な旅館です。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館
























入り口も玄関の雰囲気も、ホテルの中の部屋というより"家"といった感じがします。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館
























部屋の数は大きく3つ。それに部屋風呂とトイレが別々。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











食事と団欒を楽しむ部屋。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











掘りゴタツの部屋。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











"和倉"の街並みが一望できます。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











隣に見えるのは別棟"能登渚亭"。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











オーシャンビューの部屋からは"七尾湾"に浮かぶ能登島を眺めることができます。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館
























石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館
























もう1つの部屋。着替え部屋や寝室として使うことができます。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館
























石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











アメニティは1人1人色違いなので、使い間違うことがありません。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











部屋に入ると、担当の女中さんが抹茶とお茶菓子でもてなしてくれます。

石川県 能登半島 和倉温泉の加賀屋旅館











そして、驚いたのは浴衣。外を歩くときには型崩れしづらい帯、寝る時には寝やすい帯、汗をかいたときの為に浴衣の着替え、新品の靴下等、、、素晴らしい気遣いです。また、外を歩くとき用の帯には部屋番号が記載されていて、加賀屋館内で支払いが必要な際、(鍵を持ち歩かなくても)この帯を見せるだけで部屋付けとして決済することができます。

さすが「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において28年連続総合第1位の評価を得ている旅館だけのことはあります。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから