2008年05月03日

青島ビール博物館

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











青島ビールの本社第一工場前です。会社の誕生した1903年から100年を迎えた2003年に「青島ビール博物館」が建てられました。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











敷地内には噴水があり、イルミネーションの飾り物も置かれています。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











レンガ造りのこの建物が「青島ビール博物館」です。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











青島ビールは北京オリンピックの公式スポンサーを務めています。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











青島では毎年8月の第2週に東方最大のビール祭り"青島国際ビール祭(青岛国际啤酒节)"が開催されているそうです。この祭りの開催期間は16日間で、世界有数のビールメーカーが20社ほど参加し、約300万人の観光客が酔いしれるそうです。ビールを飲みながら遊べる遊園地もあるとか。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」
























ビール造りの展示物が並んでいます。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











世界に2台しか存在しないモーターだそうです。ここと、もう一台はドイツのシーメンス社に展示されているそうです。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











これはビールの原料が展示されています。少し麦芽のニオイがします。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











貯蔵タンクの復元模型です。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











これは濾過用の水槽でしょうか。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











これは現在稼動している最新の設備です。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











"圧縮綿"を使って濾過していたのでしょうか。実際の"圧縮綿"も飾られています。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











「青島ビール」では"ゴミ0"の生産モデルを確立させているそうで、捨てる物は何も無いそうです。素晴らしい!

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











青島ではビールをビニール袋に入れて家庭に持って帰る風景も珍しくないそうです。その発想に驚きます。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











青島ビールで製造しているビールが飾られています。沢山ありますね!今回、初めて知ったのは青島ビールが生産する"崂山啤酒(ろうざんビール)"というビール。地元の人は青島啤酒より崂山啤酒をよく飲むそうです。隠れた地ビールということでしょうか。

青島ビール創立百周年を記念して作られた「青島ビール博物館」











世界のビールが集められています。世界にはこんなに多くの銘柄があるんですね!

■青島ビールの歴史資料
>>青島ビールは崂山から湧き出る崂山水で作られています。
>>青島ビールは世界第3位、昨年の売り上げは約4000億円。
>>以前、日本のサッポロビールが経営権を持っていた時代。
>>昔の青島ビールの広告看板。
>>以前のビール生産設備。

青島ビール博物館
青島市登州路56号

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから