2008年04月07日

ザ・ペニンシュラ東京 『Peter』でランチを食す!

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』












テーブルに着くとモダンな雰囲気です。ちょっと逆光ですね。。。

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』





















メニューは縦に開く奇妙な形。でも、テーブルの上に立てられるので便利かも!

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』






↑パンと一緒に出されたバターは2種類あり、1つは一般的な無塩バターですが、もう1つはハーブの風味のようなペッパーバターでした。前菜は、アボカドのムースです。

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』






↑「春野菜のサラダ」と「サーモンの柚子塩風味のクルート焼き」です。

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』






↑「甲州産鶏のロースト」と「アイナメのソテー」です。

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』






↑「鹿児島産黒豚のロースト」とデザート「マンゴーソースのパンナコッタ アカシアのアイスクリーム入り」です。

The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』The peninsula(ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』






↑食後のコーヒーとお菓子です。お菓子はカラフルで可愛いお菓子が沢山並んでいます。

全体的に一皿一皿は少なめですが、食したい料理を色々と楽しむことができるので、満足度の高いレストランでした!

ザ・ペニンシュラ東京)『Peter(ピーター)』
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-8-1 24F
TEL:03-6270-2763
Fax:03-6270-2693
ドレスコード:エレガントカジュアル
※12歳未満は入場不可。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから