2007年11月27日

渡辺さんのお仕事に同行!

渡辺さんに同行させて頂くにあたり、渡辺さんと吳先生が錦江飯店まで迎えに来て下さいました。吳先生は渡辺さんのお仕事仲間で、「上海東郁貿易有限公司」という会社を営なまれています。布のプリントや漂白を担当されているそうです。

今日向かう先は市の中心部から車で30分ほどのところにある、浦東新区の渡辺さんのお仕事仲間刘先生の会社「上海炬通实业有限公司」です。こちらでは縫製を担当されているそうです。

上海で渡辺さんのお仕事に同行させて頂きました。












刘先生のお部屋での商談に同席させて頂いた後、会社の入り口で写真を撮らせて頂きました。(写真左から)刘先生吳先生、渡辺さんの会社の担当をされている周小姐。そして(写真一番右は)いつもお世話になっている渡辺さんです。

工場や工場内の作業風景写真も撮らせて頂きたかったのですが、この時期「中国人民解放軍」の仕事をされており、残念ですが撮影禁止ということでした。この期間は実弾を持った軍隊が駐留しており、上の写真の後ろにも軍のトラックが少しだけ写っています。

『上海炬通实业有限公司』
住所:上海市浦东新区蔡路镇西联跃路958号
TEL:02168901170
※国内に幾つもグループ会社があり、従業員数は数万人規模の大企業。

「上海のバーガーキング」












刘先生の会社を出た後、市の中心部に戻り昼食をとることにしました。ショッピングセンター内のフードコートでのランチです。

「上海のバーガーキング」












↑ファーストフード大好きな吳先生と共に、日本にも今年再上陸した「バーガーキング」を食しました。他のレストランはどこも満席なのに、「バーガーキング」だけは空いています。理由としては他の物に比べ、少し高価な食べ物なんだそうです。見方を変えればココは穴場ということですね!

「上海のバーガーキング」












↑日本でも馴染みのある『味』です!日本で食すのと同じ味の物を食すと安心しますね。ほんと旨い!
吳先生、ご馳走様でした!

上海で渡辺さんのお仕事に同行させて頂きました。












↑昼食の後、吳先生の行きつけの美容院に連れて行って頂きました。多忙な渡辺さんは上海で髪を切ることは珍しくないそうですが、菊さんにとって海外で髪を切るのは今回が初めて。言葉も通じないのでちょっと緊張。しかし、吳先生が美容師さんに説明してくださったので、無事にカットすることができました。

日本とほぼ同じですが、上海の美容院でのカット作業はこんな流れ↓

1. 洗髪 ⇒ 2. マッサージ ⇒ 3. カット ⇒ 4. 洗髪 ⇒ 5. セット

所要時間は全工程で15〜20分程と、あっという間です。料金はチップを入れても60元。なんと日本円で900円ほどでした。
友人の陳小姐によると、上海の美容院でこの金額(60元は)少し高めとのことでした。通常、その半分くらいの相場だそうです。どちらにしても激安ですね!

ちなみにホテルの「5つ星」のような制度と同様、美容院にも星の数があります。今回行った美容院は「4つ星」の看板が飾られていました。星の数が証明している通り、良い腕前だったと思います。

旅行先で髪を切ることができるなんて、今回はとても良い経験ができました。訪れる度に現地で髪を切るというのも良いかもしれませんね。でも、その前に言葉を覚えなきゃ・・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから