2007年10月13日

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)

上海2日目の夜は行きの機内で知り合った渡辺さんにお誘い頂き、夕飯とマッサージをご一緒させて頂くことになりました。
食事については、機内で菊さんが渡辺さんに「上海蟹を食べたことがなくて・・・」と話したことがきっかけで、上海蟹を食べに連れて行って下さることに。なんだか恐縮です。。。

渡辺さんの現地のご友人(上海生まれ&上海育ちの)周さんと陸さんもご一緒に花園飯店まで迎えに来て下さいました。

マッサージの後に夕飯をという計画だったのですが、大人気のマッサージ店のようで夜8時までマッサージできないとのこと。。。ということで、先に夕飯を頂くことになりました。

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)ダージャーシエ dàzháxièを食す!





















↑上海通の渡辺さん馴染みの店「葡萄園」です。老舗といった感じの店構えです。日本で上海蟹といえば高級品なので、正直、お店の前に立つだけで少し緊張してしまいました。。。

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)ダージャーシエ dàzháxièを食す!





















↑席に座り上海蟹をオーダーすると、水槽の所で蟹を選ぶことができます。

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)ダージャーシエ dàzháxièを食す!












↑雌蟹か雄蟹か、どちらか選ぶことができます。さすが『食にこだわる中国!』って感じがします。雌はタマゴ、雄は白子を持っているので食感・味が異なるそうですよ。ちなみに今回は雌を選びました。
上海蟹を食べるのは初めてだったので、雌か雄か選べるなんて驚きました。とても良い勉強をさせて頂きました。

【上海蟹の豆知識】
上海蟹は日本での呼び名で、中国では大閘蟹(ダージャーシエ)と言います。雌の蟹はフンドシ部分が丸く大きく、雄の蟹は小さいそうです。また、美味しい蟹の見分け方はお腹の厚みが大きいほど美味しいそうです。

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)ダージャーシエ dàzháxièを食す!












↑蟹を選び終えるとお店の方が蟹を縛ってくれます。TVでなら上海蟹を縛るところを見たことがありますが、実際目の前で手際良く縛るところを見ると感激です!

上海・葡萄園の大閘蟹(上海蟹)ダージャーシエ dàzháxièを食す!












↑ほんの10秒くらいでこの通り!見事な縛り具合ですね!
この後、茹でられてしまうと考えるとちょっとかわいそうですが。。。でも、茹で上がりが楽しみ〜!

葡萄園 新楽路店
住所:新楽路55号
電話:6472-0486

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去の記事はこちらから