2019年02月24日

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

バリに行ったら必ず立ち寄る飲食店をいくつか。

まずは、本格的なイタリアンピザ屋「Pronto Pizza」。Kutabex Beach Front Hotelの中にあります。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

70歳を過ぎたイタリア人のオジちゃんが作るピザは、ナポリで食すピザより美味しいかもしれないと(実は)思ってます。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

1メートルの長いピザもあります。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

そして、多い時には一人でこの「マルゲリータ」3枚〜4枚を食します。。


続いて、スミニャックに近いエリアにある「Gusto Gelato & Caffe」。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

↑閉店時間が過ぎてもジェラート難民がこんなに待つほどの人気店。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

店の外にはメッセージボードと、行く度にどんどん進化を続けるジェラート屋さんです。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

フレーバーは20−30種類ほど用意されていて、迷いますが、、、それが人気の理由なんでしょうね。あと、値段も。このサイズで700円ほど。ただ、味は至って普通です。

そしてそして、博多一幸舎ラーメン。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

スラバヤでは既に豚骨ラーメンの提供が終了し、ジャカルタ中心部でもチキンスープのメニューしか存在しない中、バリはヒンドゥー文化なので豚骨スープが味わえます!

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

↑これこれ。この豚スペシャルラーメンがコッテリしててお気に入り。このラーメンで800円ほど。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

↑しかし、今年に入って味が落ちた気がしたので聞いてみたら、レシピを変えたらしい。。インドネシア人の言うことは基本信じないので、もしかしたら下手なシェフがミスしたけど、嘘を付いてるだけじゃないかと思ってます。。。また次回行って確かめてみる必要がありますね。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

インドネシアでは猫舌の人が多いせいか、生焼けの餃子が多い中、このお店はちゃんと焦げ目まで付けて安心できます。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

↑ジャカルタの郊外にある博多一幸舎の店舗ではまだ豚を扱ってます。特にこの大きな餃子は絶品です。(特別メニューですが)

そして、いつも散髪するのが、「Union Barber Legian」。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

一応日本人の基準でも、清潔で安全な理髪店だと思っています。

Bali Kuta(クタ)地区のお気に入りの場所

いつも、こんな感じに仕上げてもらってます。


2019年02月23日

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

インドネシア駐在も早いものでもう5年目。
その期間中、バリには20回以上訪れていますが、一番頻繁に滞在しているホテルは2015年開業のフォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタホテルです。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

累計で50泊くらい宿泊し、今となっては責任者とも仲良く、スタッフも設備もほぼ全てを知り尽くしてるので、自分の家のような雰囲気です。リゾート地の中クラスのホテルなので、ゴージャスさはありませんが、のんびり過ごせるところが気に入っています。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

ほぼ全てのタイプの部屋に泊まりましたが、一番居心地が良かったのはこのプールに接している部屋。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

バルコニーからプールに直接飛び込めるスイート・ルームは一部屋しかありません。この部屋が一番のオススメ部屋。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

インドネシアの物価なので、ルームサービスで食事をしても安く、一日部屋から出ないこともあります。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

ほぼ隣の部屋にはマッサージSPAもあり、なんと一時間2000円もしない金額でリラックスできます。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

クリスマスシーズンも、南国でクリスマスが味わえます。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

流れるプールの中央部分にはジャグジーがあるので、夜泳ぐも良し。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)


19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

朝食はプールサイドのレストランですが、常連になるといつも無料で食すことができます。

そのレストランでは、夜になると、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

バリの踊りを見たり、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

ファイヤーダンスがあったり、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

ラム肉のステーキや、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

ヒレステーキ、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

サーロインステーキを焼いてもらって、

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

サイドメニューは食べ放題で1000円ほど。
快適すぎて、ジャカルタを忘れたくなる一時です。

19回目のBali @フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)

子供が煩く騒いでも大丈夫だし。

菊さんにとって、隠れ家的でバリで一番好きなホテルです。
2019年も何度もお世話になる予定のホテルです。

フォー ポインツ バイ シェラトン バリ クタ(Four Points by Sheraton Bali Kuta)
住所:Jl. Benesari Banjar Pengabetan, Kuta 80361, Indonesia【Map
TEL: +62-361-8496-606



2019年02月05日

インドネシアの春節

インドネシアは(政府もルールも全て)イスラム教徒の国家ですが、2−3%は華人の国家です。この僅かな華人が、イスラム教の妨害にも負けず9割以上の経済を支えています。

インドネシアの春節

イスラム色の強いエリアでは旧正月を祝うことが難しいですが、中華系の固まって住んでいるエリアでは春節を祝うイベントばかりです。

インドネシアの春節

特に今年の干支は中華の世界では豚の年。(日本だとイノシシですが)完全にイスラム教に喧嘩売ってます。

インドネシアの春節

菊さんは豚大好きなので、豚を否定する宗教の方を否定したい!笑

インドネシアの春節

ハーゲンダッツのアイスクリームケーキも中華系のデザインになっています。

インドネシアの春節

ゴディバも春節デザイン。

Happy New Year !
Year of the pig !




新年の日、部屋の窓から花火を見ることができました。

インドネシアの春節

そして、食事に行っても、獅子舞が突然入ってきて驚きました。ジャカルタにおいても、限られた空間では中国らしさのある旧正月休みでした。


2018年11月26日

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

インドネシアにもハーゲンダッツのお店は沢山あります。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

ハイクラスの人たちが行くショッピングモールには必ず入っている感じ。ただし、日本と比べても高いんです。国内で製造できないので、フランスから輸入してるから高いらしいのですが、もちろんハラル認証なんてありません。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

なんと、日本で買うハーゲンダッツの約10倍の値段。ハラルじゃないし、高価だし、、これイスラム教は食べられないでしょ。。イスラム教の所得はそれ以外の宗教の所得と比べて、残念ながら低いので、そもそもターゲットとしてないんだろうと思います。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

カップ1つが600円ほど。さすが、安定の味。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

こちらはドリアンシェーキ。こちらは1000円超えです。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

それに比べ、1個400円ほどのケーキは良心的な値段です。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

お遣い用に丁度いいので、全部買ってみました。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

といっても、味を知っておく必要があるのでその場で食してみます。

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

東南アジアではすぐに溶けてしまうので、高品質のチョコレートは高級店を除いて出回っていません。しかし、こ、このチョコは旨い!

ハーゲンダッツ @ジャカルタ

お腹いっぱいの時に入店しましたが、勢い余って全種類食してしまいました。


2018年09月29日

18回目のBali @フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

ちょうど1年前に予約し、全額支払い済みだったにも関わらず、アグン山の噴火のせいで宿泊キャンセルするしかなかったフォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャックの宿泊期限が迫っていたので、それを消化すべく久しぶりにバリに行ってみました。ホテルとの交渉で、支払い済の宿泊料金は戻すことはできないが、デポジットとして1年間保管してくれていました。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

もともとは違う名前のホテルだったところに、フォーポイントバイシェラトンのマネージメントを入れ、改装+リニューアルオープンさせたようです。以前のホテルの名残なのか、メインロビーには(何故か)ハーレーダビッドソンが飾られています。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

1年前には出来たばかりで、一泊するにも6000円ほどのホテルでしたが、今は人気のホテルになっているようで、2倍以上の値段になっていました。

スミニャックエリアで人気のPotato Head Beach Clubまでも、2km以下の距離で行くことができる好立地です。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

このホテルでは3泊する予定でしたが、土曜の夜はどうしても部屋が確保できなかったので、土曜の夜だけ、スタッフをほぼ全員知ってる定宿のバリクタのホテルに移動することにしました。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

深夜(というか早朝4時)のチェックインでホテル中が静まり返っています。が、それでも満室のホテルです。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

部屋は一番奥の300号室になりました。部屋の前のガラスに張り付いた大きなヤモリ。。リゾートホテルとは言え、周囲はまだ田園ですからね。

ba010

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

部屋は必要最低限の設備となっています。バスタブ、シャワールーム、トイレ、化粧台の部屋とベッドルームとは、ガラスで仕切られています。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

ベッドの背面にはバテック柄でしょうか。落ち着ける雰囲気です。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

一応、DVDプレーヤーもあって、長期滞在でも退屈しないような配慮は見えます。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

Welcomeチョコレート。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

日本のコンセントがそのまま差し込めるタップもあり、一応最低限度の滞在は問題無いホテルです。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

夜のプールとガーデン。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

昼間のプールとガーデン。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

窓から見る中庭の景色。(ビーチは少し離れているので見えません)

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

部屋の真下はレストランになっています。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

レストランの名前はDevali Restaurant。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

ロビーフロアから中庭とプールを見下ろす場所に位置しています。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

多目的カフェなので、洋食からインドネシア料理まで幅広く用意されています。これだけ注文しても1500円ほど。。ホテルでの食事とは思えないくらいお手頃です。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

朝食となると、宿泊者が押しかけるので在混雑します。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

ブッフェスタイルに加えて、オーダーし放題のメニューも存在します。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

作って貰ったほうが見た目的にも綺麗なので、滞在中は主にオーダーメニューを注文しました。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

プールサイドもバーになっているので、こちらでも飲食することができます。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)

ホテルの屋上にもバー・レストランがあります。夜だと屋上の雰囲気の方が良さそうですね。

フォー ポイント バイ シェラトン バリ スミニャック(Four Points by Sheraton Bali, Seminyak)
住所:Jl. Petitenget, Gg. Cendrawasih No. 99 DS, North Kuta, Bali 80361, Indonesia【Map
TEL: +62-361-8466-966



2018年09月09日

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等 @インドネシア

90%以上がイスラム教の国なので、豚骨ラーメンなんてご法度的な雰囲気がある国インドネシアですが。少しずつ、とんこつラーメン屋さんも増えてきました。

住んでみてわかったのは、
・イスラム教はうどんが好き。
理由)ハラルのイメージがある(+安い)
・中華系インドネシア人はラーメンが好き。
理由)豚骨のイメージがある(+高い)
という構図です。

わずか3%ほどの中華系の人口であっても、中華系は高所得層なので、この人たちをターゲットにした方が儲けるのかもしれません。

この文化の中に居て見えてくるのは、所得とヒエラルキーが追いつかない非中華系の非イスラム教徒は、こういった食事を食べたくても頻繁に食べることができないという現実があります。

ま、日本人には関係の無い話なので、インドネシアに増えてきた日本式のとんこつラーメンのお店をいくつかご紹介します。

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

日本人にはなら誰でも知ってる一風堂。量は少なく、コスパ悪いのにこの行列です。今はジャカルタ中心部のショッピングモールに3店舗ほどあり、2年に1店舗ずつくらいのスピードで増えています。

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

菊さんの好きなアカダマも日本と同じ味です。

続いて、一風堂より好きなのはこの一幸舎

本物の豚骨ラーメンシリーズ「博多・一幸舎」 @ジャカルタ・Taman anggrek

現在は閉じてしまいましたが、モール・タマン・アングレック内にも以前は一幸舎が存在していました。(これは昔撮影した貴重な写真)

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

ジャカルタ中心部のスナヤンシティーモール内にある一幸舎では豚の扱いがルール上できないようですが、中華系の多く住むエリアの店舗だと豚のスープが提供されています。

本物の豚骨ラーメンシリーズ「博多・一幸舎」 @ジャカルタ・Taman anggrek

コッテリの豚スペシャルラーメン。クセがあるレベルなので、日本人以外でもこの味を受け入れられるのか、というレベルですが、この濃厚さがお気に入りです。

本物の豚骨ラーメンシリーズ「博多・一幸舎」 @ジャカルタ・Taman anggrek

生にんにく機でニンニクをつぶして入れる文化まで、(異国でも)再現されています。

本物の豚骨ラーメンシリーズ「博多・一幸舎」 @ジャカルタ・Taman anggrek

餃子も豚かチキンで選べるようになっていますが、もちろん豚で。
「一幸舎」はセントラルキッチンで味の均一化をしているそうです。その為、インドネシア人のシェフのレベルと問わず、同じ味を食せるとのこと。なお、「一風堂」は各店舗のシェフに依存しているので、稀に配合ミスがあって食せないことがあるので、それ以来、「一風堂」からは足が遠ざかっています。

続いて、「一風堂」と「一幸舎」をコピーして大成功したと言われるインドネシア発のラーメン店「ikkudo ichi」です。

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

この一喰堂は博多・一幸舎のスタッフを引き抜き、味も店作りもそのままコピーしたと言われているインドネシア人の経営するラーメン店。でも、このお店の味と値段がインドネシア人にぴったりで、一番有名な豚骨ラーメン店になっています。他店舗と比べると値段が安く、味も極めて本物に近いので、菊さんも月1くらいの頻度で訪れます。

続いて、進出が一番遅かった「長崎ちゃんぽんリンガーハット」。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

味もボリュームもよく再現されています。ただ、日本人以外あまり受け入れられないのか、訪れているお客さんは、いつも日本人ばかり。今はシティウォーク スディルマンに1店舗のみ。

続いて、ジャカルタで無理に食さなくても良い補欠扱いのラーメン店。

まずは、ばんからラーメン。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

悪くない味ですが、スープが売り切れてることが多いので、残念なラーメン店です。

豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

味はまぁまぁ良いのに、昼12時に行ってもスープが無いとか言われるし、、準備が悪いのかな。。

続いて、ばり馬ラーメン。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

ここの味もまぁまぁ良いですが、調理に使っている水が(インドネシアではミネラルウォーターさえも信頼できないのに)お手製の浄水器なので、ちょっと不安の残るラーメン店。

スラバヤにしかない、山小屋ラーメン。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

一応、ジャカルタにあれば、たまに食したいと思えるレベルの味です。

続いて、食すことをオススメしないラーメン店。

まずは、麺王。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

ボリュームがありますが、味にパンチがありません。

続いて、ラーメン岩田。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

恐らくシェフと言えるスタッフが存在しないまま、日本のラーメンを舐めてオープンしてしまった系のお店。味の無いスープって、、、初めてです。こりゃダメだわ、と思ってたら、あっという間に閉店していきました。

そして、桜。
豚骨ラーメン戦争「ikkudo ichi・一喰堂いち」vs「一風堂」vs「一幸舎」等  @インドネシア

一応、日本で一番有名なラーメン店という宣伝をしていますが、嘘っぽい。。というか、嘘ですね。


2018年09月08日

ジャカルタで5回目の誕生日、40歳を迎えました。

まさかジャカルタで5回も誕生日を迎えるとは思っていませんでしたが、無事に40歳の大台に突入です。

ジャカルタで5回目の誕生日、40歳を迎えました。

貰った花束は本物のインドネシアルピア札で作られた束。それに、最近ジャカルタに進出してきた日本のケーキ屋さん「Chateraise」のショートケーキ。シャトレーゼは、ジャカルタ中心部だと Central Park と Senayan City モール内にカフェ併設の大きな店舗があります。

ジャカルタで5回目の誕生日、40歳を迎えました。

二つ目の誕生日ケーキ。反ダイエットまっしぐら。

ジャカルタで5回目の誕生日、40歳を迎えました。

そして、オフィスではPizzaとまたシャトレーゼのケーキ。
インドネシアには生クリームを使った日本では一般的なケーキが無いので、やっぱり日本のケーキは安心して食べられます。ムスリムの人たちの口には合わない様子でしたが。。。

インドネシアは乳製品が乏しい(ので高価)のと、気温が高い国なので、一般的にはバタークリームのケーキ文化です。生クリームのケーキには馴染みがないので、生クリーム文化が広まらないと日本流のケーキの売上増は難しいのかもしれません。


2018年07月23日

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

メルボルンからジャカルタまでの戻り便は、カンタス航空もマレーシア航空もチケットが完売で買うことができず、シンガポール航空系の格安航空会社スクートです。多少窮屈を覚悟の上、深夜便なので寝て過ごします。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

このスクート、メルボルンからシンガポールのチャンギ空港まで毎日一便だけの就航なのに、カウンターはこの人だかり。料金が安いので、いつも満席なんだろうと思います。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

出国手続きの手前には目立って面白そうなお店も無く、出国手続きに進みます。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

夜9:40発の便だったせいか、空港内は閉じているお店が多い気がしました。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

出発ゲート「3」。やっぱり混み合っています。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

小腹が減ったので、最後に搭乗することにして、ゲートの眼の前にある(strong)ハングリージャックス(/strong)(Hungry Jack's)でハンバーガーを食すことにしました。

ハングリージャックスというのはバーガーキングのことなのですが、オーストラリアでは商標が取れなかったということで、バーガーキングではなくハングリージャックスという名前となっているそうです。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

最後なので、散財いっちゃいますよ。一番高い美味しそうなやつを2つ。(1つは機内で・・)
究極のアンガスビーフパテ2倍、チーズ2倍のやつ。
こんなのが1個15.8ドル(6720KJ)ですと。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

ま、ちょっと写真と違うけど、十分なボリューム感!
見た目によらず美味しかったので、ペロッと食して搭乗開始。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

この黄色いB787の機材で約8時間20分かけてシンガポールまで飛んでいきます。シンガポールからは同じスクートに乗り換えて約2時間かけてジャカルタに戻ります。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

機内に入ってみると、やっぱり満席でした。あと、搭乗時にハンバーガー持ち込んだ?今回は見逃すけど次からは没収ですよと叱られました。LCCのルール知りませんでした。。すみません。。

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

ちゃんと食べ物の持込みはNGだと書かれてました。周囲で飲み物を持ち込んで没収されている人たちもいました。みんな考えることは同じか・・

2回目のメルボルン--スクートScoot「TR25 / TR274」便

インターネットはもちろん、充電にも追加料金を支払わないといけないそうです。深夜なので使う人は居ないでしょうけど。

いろいろLCCの決まり事は多い航空会社ですが、想像してたより快適なフライトとなりました。10時間かけていくには少し遠いけど、機会があればまた行きたいなと思える”メルボルン”でした。


本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

ホテルから歩いて僅か3分の場所に、1891年から1893年の間に建てられたと言われる歴史的なアーケード(Block Arcade)があるということで、散歩がてら行ってみました。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

入り口のデザインからして、歴史を感じます。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

昼間は光が差し込み、細かい装飾などからも豪華さを感じます。以前、似たようなデザインを見たことがあるぞと思って調べてみたら、ミラノの「ビットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア」を真似て造られたものだそうで、納得。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

床も美しいモザイクタイル張りです。
奥に奥に細長く続くアーケードです。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア


本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア


本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア


アーケードと横に交わる裏通りを見ても、良い雰囲気が続いています。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア


本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア


そんな、Block Arcadeの中に、いつも長い行列ができているティールームがあります。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

滞在中、何度かトライして空いてる時間を狙って、ようやく入ることができました。((この写真は閉店後に撮影したので、行列はありません))

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

お店の名前は「HOPETOUN Tea Rooms」。このアーケードのできた1892年から営業しているそうです。狭い店内ということもあり、いつも満席です。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

人々が立ち止まったり、行列を作る理由は、一世紀前のイングランドの雰囲気が味わえるインテリアと、素敵な盛り付けなケーキの数々。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

外からこんなケーキの数々を見て、素通りできる訳がありません。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

空いてる時間を狙いましたが、それでも30分ほどは待ちました。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

メニューにこのお店の歴史が書かれています。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

17時に閉まってしまうお店ですが、ぎりぎり閉店前に入ることができました。わざわざ待ってまで入店したので、食べる気マンマン!

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

この大きな3点を注文しました。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

まずはチョコレートケーキ。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

クリームたっぷりのシフォンケーキ。甘そうに見えますが、甘くないクリームです。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

こちらはチーズケーキです。オーストラリアは乳製品が豊富なので美味しいです!

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

名前の通り、お店はカフェではなく、ティールームなので、もちろん本格ティーを頂きます。

本格的ティールーム「HOPETOUN Tea Rooms」 @メルボルン・オーストラリア

大きなケーキでしたが、甘さが控えめなので、ペロリと食せてしまいました。

「Hopetoun Tea Rooms」
住所:Block Arcade 282 Collins Street
電話:03-9560-2777
http://www.hopetountearooms.com.au/
営業時間:月〜土曜日 8:00 - 17:00、日曜日 9:00 - 17:00
料金:一人あたり約20ドル程度


VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

今回のメルボルン旅行、目的は政府機関の婚姻登記所でのオーストラリア式での婚姻をすることです。

VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

ウェスティンホテルからタクシーで約15分の場所にある、VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGSで登録しました。

VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

南ヤラというエリアだそうですが、閑静な住宅街という感じです。

VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

お固い感じの建物かと思えば、可愛らしい建物でした。

VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

こちらで挙式して、その証明書やらはVictorian Registry of Births, Deaths and Marriagesという、こちらも政府の登録機関に送られ、それを待って婚姻となります。

VICTORIA - MARRIAGE REGISTRY WEDDINGS @メルボルン・オーストラリア

Victorian Registry of Births, Deaths and Marriagesという役所も、ホテルから1.2kmほどの距離で全てが近くに揃っていて便利でした。

通常は2週間ほど登録までにかかるそうですが、特別に(というかラッキーが重なって)2日で対応して貰うことができました。オーストラリアの政府機関の皆様、大変お世話になりました。


メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

一応、折角なので、メルボルン観光もちょっとだけ。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

メルボルン・セント・パトリック大聖堂St Patrick's Cathedral)です。
教会前で結婚式の写真撮影をしているカップルが居ました。恐らく中国から来た人たちだと思いますが、教会内にも中国語の張り紙が沢山貼られていました。中国人に人気のスポットのようです。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

中に入って撮影させてもらいました。
訪れた時間が丁度良い時間だったから、光の差し込み具合がとても穏やかで綺麗でした。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

ヴィクトリア州の議事堂(Parliament House)向かいのホテル・ウィンザー(The Hotel Windsor)に立ち寄った際に撮った写真です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

ウェスティンホテル横のセント・ポールズ大聖堂(St Paul's Cathedral, Melbourne)です。内部は撮影禁止となっていました。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

セント・ポールズ大聖堂からフェデレーション・スクエアに向かって撮った写真です。フェデレーション・スクエアの左にはヴィクトリア国立美術館。右にはメルボルンのシンボルフリンダースストリート駅が見えます。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

フェデレーション・スクエアのある広場から、メルボルンシンフォニーオーケストラ(Melbourne Symphony Orchestra)のあるArts Centre Melbourneと、その奥の白い針のようなタワー(State Theatre)をヤラ川を隔てて見ているところです。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

フリンダースストリート駅の眼の前にある、フェデレーション・スクエア(Federation Square)です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

ヤラ川の夜景。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

川沿いにレストランやバーが建ち並んでいて、まるで横浜の赤レンガ倉庫のような景色です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

フリンダースストリート駅に向かってヤラ川の反対川から接続されている橋です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

フリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)の夜景です。どことなく、東京駅を思い出してしまいました。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

宿泊した、ウェスティンメルボルンホテルの部屋からもフリンダースストリート駅を見ることができました。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

昼間のフリンダースストリート駅の景色。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

ウェスティンメルボルンホテルの部屋の窓から見ることのできる範囲です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

Flagstaff Gardens Playgroundです。ホテルから徒歩でクィーンヴィクトリア・マーケットまで行ってみましたが、この公園がクィーンヴィクトリア・マーケットが近いという目印です。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

クィーンヴィクトリア・マーケットの先の景色。様々な色に輝く高層ビル群が建ち並んでいます。それにしても、カラフル過ぎじゃないか・・。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

なんと、、、この日はクィーンヴィクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)お休みとのこと、、、無念。。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

ナイト・マーケットというイベントもあるそうです、あまりにも何も無いので、記念として写真を撮っておきました。

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

いくつかスーパーマーケットにも足を運んでみましたが、物価の高いと言われるオーストラリアですが、一般的に買う食材は安くて新鮮で住みやすそうだなと感じました。(ジャカルタと比べて)

メルボルンの観光名所@メルボルン・オーストラリア

日本にしかないと思われてたデコポンまで売ってました。


あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

現地で携帯電話を使いたかったのでボーダフォンへ。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

SIMカードは10豪ドルから売られていました。パスポートを見せれば、外国人でも買うことができます。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

滞在中、電車がいろいろ便利でしたが、Suicaのような交通カード "Myki" がオーストラリアにもあります。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

乗り放題パッケージもありますが、

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

こういうマシンで"Myki"を追加することができます。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

非接触ICカードなので、"Myki"をセットしてお金を入れて、入金したい額を押すだけ。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

路面電車だけでなく、こういう地下鉄にも乗ることができます。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

地下鉄駅、ちょっと深くて戸惑いますが。。

あると便利な物 @メルボルン・オーストラリア

なんと、一人カラオケマシンのある駅もありました。一人カラオケで、、尚且、ガラス張りって、、寂しいわ。。


チキンレストラン「ナンドス - Nando's」 @メルボルン・オーストラリア

友人の家族がフランチャイズで経営している、レストランNando'sに行ってみました。南アフリカ発祥だそうです。

チキンレストラン「ナンドス - Nando's」 @メルボルン・オーストラリア

日本やインドネシアでは馴染みの無い名前のファストフード店ですが、全世界で1000店舗以上存在している鶏料理レストランだそうです。

チキンレストラン「ナンドス - Nando's」 @メルボルン・オーストラリア

スパイスの効いた、BBQ風の鶏肉という感じです。想像通り、薄い味付けではありません。ちょっと塩分高めかな。。癖になる食べ慣れない異国の味であることは事実です。

チキンレストラン「ナンドス - Nando's」 @メルボルン・オーストラリア

こちらは日本の焼き鳥のような甘いタレで焼いた鶏肉。サラダ類なども豊富でした。

ナンドス - Nando's
https://www.nandos.com/


2018年07月22日

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

Hereford Beefstouwでステーキを食した帰り道、"安いオージービーフの本場なら食べきれないくらいのステーキが出てくるであろう"と過信しすぎたのか、胃袋に物足りなさを感じたので、マクドナルドに立ち寄ってみました。

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

なんだこの見慣れないオーダーマシンは。。。

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

メニューが出てきて、確定し、最後にクレカを入れて決済まで。。

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

さすがオーストラリア、高い人件費を下げる狙いがあるのでしょう。もちろん、カウンターでも通常通りオーダーできますが、値段が変わるのか、余計に待たされるのか等で、このマシンでオーダーする方がメリットあるようです。近々、日本もこうなるでしょうね。。

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

オーストラリアでしか食せないであろう、オーストラリア産アンガスビーフのバーガーと、チキンナゲット24ピースをオーダー。KJ表記ですが、カロリーが計算されていくので、健康に悪そうな感が否めません。ソースも含め、合計で1万KJくらいの摂取となりました。1万KJ = 2,500Kカロリーくらい?

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

値段は両方で20ドルくらいでした。

マクドナルドのアンガスビーフバーガー @メルボルン・オーストラリア

いやー、デカくて旨い!
やっぱりこれくらいの品質のハンバーガーを、これくらいのボリューム食したいですね。インドネシアだと、なんでも写真より見劣りすることが当然で、牛肉も低品質で小さいのに高価という、、オーストラリア羨ましい。。


ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

日本で住んでたらオージービーフなんて、、、って思いますが、インドネシア在住者としては、最高級品の扱いを受ける牛肉 ”オージー”。

じゃあ、オーストラリアに行って、オージービーフのステーキを食べない訳にはいかないだろうと、ホテル近くのステーキレストランを探してみました。

あったあった。一軒だけまともそうなお店。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

裏路地にあるお店ですが、壁一面にアートが描かれていて、近くのHosier Lane(ホージャーレーン)みたいな通り沿い。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

外と店内のイメージが違い過ぎて、一瞬びっくりしますが、北欧のような温かみのあるインテリアで、奥に向かって深い店舗のようです。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

食事が終わった人が移動する場所なのか、ひっそりとしたバーだけのエリアもありました。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

お店中央部分に厨房があり、キッチン内では3名のシェフが忙しそうに動いています。厨房はオープンキッチンになっていて、厨房を囲むように座席が配置されています。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

大きな肉の塊が続々と焼かれていきます。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

まずは牡蠣。念の為”生牡蠣”は我慢して、加熱する調理法を選びました。オーストラリアは牡蠣の産地なので、もちろん、申し分無い味!

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

Tボーン500gとリブアイ300gを注文してみました。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

この塩コショウ+バターで食す感じ、好きです!
慣れたお客さんだと二倍の厚みくらいにしてもらって、、、とか言えるのでしょうが、ちょっと薄いかな。
でも、十分に美味しく頂ける味でした!全部で1万円ほどの値段でした。

ステーキハウス 「A Hereford Beefstouw - ヘレフォードビーフストウ」 @メルボルン・オーストラリア

↑メニューはこちら。

ヘレフォードビーフストウ(A Hereford Beefstouw)
住所:22 Duckboard Place, Melbourne, VIC 3000, Australia【Map
TEL: +61 3 9654 8297



過去の記事はこちらから